短編2
  • 表示切替
  • 使い方

鉛筆おじさん

初投稿だけど、文へたくそでも許して。

俺は今中2なの。去年の6月に体験したんだけど。

俺の学校は徒歩10分くらいのところにあって、途中に信号があっていつもそこをわたって学校に行くんだ。

俺は運動部に入っていてその日もくたくたで帰っていたんだ。

さすがに最近の6月は暑くて、ゆっくり歩いてたの。

信号待ちになって待ってると、後ろから

「ぱり・・ぱきぱき・・・ぺきっ」

って聞こえてくるの。なんだろ・・割り箸を折るような感じ?

きになって後ろ見たら、鉛筆食べてるおっさんがいたの。60歳くらいで、クソ暑いのに真っ白の長袖長ズボン。俺をガン見してゆっくり歩いてくるの。

そのとき、妙にやばい感じがしたの。信号が青になったから、はや歩きで家に帰ったよ・・。

次の日友達にこの話をしたら、「幽霊」だの「ただの変態」だのいわれて。

そして、その日もおっさんのことなんか忘れかけて帰ってたら、

「ぱりぱり・・・・がり・・べきっ」

さすがに驚いた。昨日のがいるっていうのが後ろを見なくてもわかったよ。

横目でそいつをみると、少しかがんで俺を覗き込んでた。

心臓がいっきにはやくなって冷や汗が出た。

信号が青になると本気で走って逃げた。後ろは見なかった、というか見たらいけない気がした。

さすがに怖くなったから、次の日の帰り道は「シカトしてやる」とかヤケになって走って信号に向かった。

もうそいつは信号で待っていた。青になっていたから走って追い抜こうとしてすれ違ったそのとき

「あなたも一本どうですか?」

鳥肌が立った。その日は怖くて怖くて、寝て忘れることにした。

でもわすれられなかった。

登校途中、信号機の下に鉛筆が転がっていたから。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
55100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ