短編1
  • 表示切替
  • 使い方

聞こえる訳がない、…

これは私の保育園の年長の時の体験です。

それは、ある夏の日に父と海に言った時のことです。

私は、まだ深い所が泳げずに浮き輪を付けて父と泳いでいました。『じゃあテトラポットまで行くかー!』と父が言い始めたので私もついて行くことにしました。

父はちょっと、貝を取って来るから待ってろと言いました。うん!と首を傾げました。

さすがにただ待つのは嫌だったので持っていたゴーグルを付けて海の中を覗き込んでいました。

その中で、直感的に察してしまいました…

ひとつだけ異様に冷たく暗いテトラポットがあると...

そのテトラポットにきがついた瞬間

鈍い低い声が聞こえました。そのテトラポットを見ても何も誰もいませんでした...。

ただひとつ分かることが、あれは…女の人の声だったということだけです。

まして、あんな狭いテトラポットに入ることなど絶対に無理だから…。

それ以来…テトラポットに近づきたいとは思いませんでした

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
43300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ