『ひょっこりひょうたん島』の設定と背景

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

『ひょっこりひょうたん島』の設定と背景

wallpaper:153

昔、NHKで放送されていた『ひょっこりひょうたん島』という人形劇なんですが、

主要登場人物の生徒、先生は、ひょうたん島を初めて訪れた際、災害に巻き込まれ既に亡くなっていて、

ひょうたん島の話はあの世での出来事になるんだそうです。

私自身小さかった頃、ひょうたん島に出てきた魔女のキャラクターなんていうのが苦手で、

現世の話ではないというのが、何となく腑に落ちた訳なんですが。

nextpage

それで、なぜひょうたん島は死後の世界に設定されたかというと、

作者の井上さん、山本さん、番組の担当ディレクターが親に頼れない少年時代を、

過ごしていたことに起因するそうです。

「親も大人も存在しない、我々が新しい生き方を作っていかなくてはならない、どこでもない場所」

そういった場所にリアリティを持たせるため、作者が自身を納得させるために出した結論が、

『死後の物語』という設定だったそうです。

人によっては怖いというより哀しく感じる設定、お話かも、しれません。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,07300
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ