中編3
  • 表示切替
  • 使い方

おかめおじさん

俺が小学生の時、子供たちから「おかめおじさん」と呼ばれている人物がいた。

その人は、毎日通学路の横断歩道に黄色い旗を持って立ち、子供たちが安全に通学できるように注意する緑のおばさんのような仕事をしていた。

そのおじさんの顔が、ほっぺから下がふっくらしていて、目が小さくて細く、いつも笑顔だったので、うちの小学校の生徒達は、陰でおじさんの事を「おかめおじさん、おかめおじさん」と呼んでいたのだ。

ある日、放課後に仲が良かった友達AとBと俺の3人で話していたら、Aがこんなことを言い出した。

「昨日、町内のS公園の砂場の中から死体が出てきたんだって。身元調べたら3年前に行方不明になってたうちの学校の女子生徒だったんだ」

唐突にそんな話を聞いて、俺もBもびっくりした。でも少し興味もあった。

「でさ、その子の死体はあちこち腐っててぼろぼろになってたんだけど、特に顔がひどくてさ。

顔の皮全体が剥がされてたんだってさ」

死体の様子を想像して、俺は身震いした。Bも怖がって聞いてる。

すると、続けてAがとんでもない事を言い出した。

「それでさ、俺犯人はおかめおじさんじゃないかって思ってるんだ」

Aは自信ありといった顔をしている。

「え!?どういう事それ」目を丸くさせてる俺とBにAが続ける。

「だって、おかめおじさんが通学路に出てくるようになったのって、俺らが二年の時だろ?3年前じゃん。

きっと、被害者の子供の皮をかぶって顔を隠して逃げてるんだよ」

にわかには受け入れられないAの推理だったが、俺も1つ気になることがあった。

おかめおじさんの表情は、“ずっと笑ってる”というより“ずっと変わらない”と言ったほうが正確なほど不自然だったからだ。

「明日登校する時、おじさんの顔確かめてみようぜ」とAが提案し、明日3人で一緒に登校する事にした。

次の日、通学路の途中で待ち合わせた俺たち3人は、おじさんがいつも立ってる横断歩道まで来た。

おかめおじさんは、いつもの様に黄色い旗で子供たちを誘導したり、車をとめたりしていた。

俺達が近づくとおじさんは「おはよう」と言って軽く頭を下げた。

Aは先頭でおじさんの顔をジーと見ながらゆっくり進んだ。続くBもおじさんの前を通る時チラッと顔をのぞいて行った。最後に俺も少し顔を上げて、おじさんの顔を一瞬見てみた。

「チッ!!」

その時確かに舌打ちする様な音がハッキリ聞こえた。おじさんの唇は動いてなかった。

俺は怖くなってすぐ顔を下げ、振り返っておじさんの様子を見ることもできず、足早に学校に急いだ。

次の日からおじさんの姿を見なくなった。

Aは「やっぱり俺の言ったとおり、死体が発見されたから逃げたんだ」と得意気にみんなに話してた。

数ヶ月経って、またS公園の近くに住む主婦が行方不明になったというニュースを聞いた。

俺は、おかめおじさんが今どんな顔になってるか想像して寒気を憶えた。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
54800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ