長編13
  • 表示切替
  • 使い方

壁の穴

これは2年前、当時、中学3年生だった時の出来事。

父親の仕事の関係で茨城にある筑波市という所に引っ越した。正直、3年生のこの時期に転校なんて最悪だと思っていた。まぁ、仕事では仕方ないと自分を無理やり納得させつつも、気分は落ち込んでいた。

そんな俺の気分を更に落ち込ませたのがボロクソな引越し先の家。初めて訪れたときはこれから始まる長い掃除の幕開けを覚悟をした。

庭はお菓子やら何かの袋のゴミが散乱、驚いたことに、庭に面している家の窓ガラスが割れているという酷い状態だった。

「おいおい、ここの管理者は何してるんだ」溜め息が出る。

しばらく庭を見ていると2階から父親の声がした。

父親 「おーい和也(俺の名前)車からゴミ袋持って2階に来てくれ。」

言われた通りゴミ袋を持って玄関へと入る。

その瞬間「この家は好きになれない…」と感じた。

もうすぐ昼になるっていうのに家の中は薄暗かった。この家に対する嫌悪感が実際よりも暗く感じさせているのかもしれない。

玄関の正面は階段。廊下を真っ直ぐ進むと台所とリビングがあり、もう一部屋、居間があった。

俺の家庭は4人家族。

母親と父親と弟、自分以外の家族全員が2階で片付けや掃除の作業でガサガサと音が聞こえていた。

俺も家族を手伝いに2階に上がって行った。

「よし、徹底的に綺麗にすんぞ、お前もやれよ」と父親。

俺は、嫌な顔をしながら下に落ちているゴミをかたずける。しかし本当に汚い。

俺たちの前に住んでたやつらはよくこんなに汚せたもんだ、と思う。

冷凍食品の袋やら、カビの生えたうまい棒…本当に最悪だ。

ゴミを拾いながら2階を突き当たりまで進んで行くと、

ん?

突き当りの左の壁に違和感を感じた。

その壁は他の壁と比べると色が白い部分があり、中央にガムテープが何重にも貼られていた。

白い部分はまるで扉がそこにあったかのように形作られていた。間取りを見てもそこは部屋がある場所と一致している。

一体、どんな理由があって扉を埋めてしまっているのだろうか?

俺 「ねえ何でここ入れないようになってんだ?」俺が問いかけると父親が来た。

父親 「なんだこりゃ?まいったな~こんな話聞いてないよ。」と、父親はブツブツ言いながら携帯を取り出して階段を下りていった。

父親と入れ違いに弟が来た。

弟 「どうかしたの?」

俺 「ここの部屋、扉が塞がってんだよ。」

弟 「え?これ扉なの?すげー。」

弟は珍しい物を触るかのように壁を触っている、すると弟が壁の真ん中のガムテープへと目を移す。

弟 「なあ兄貴、ここに貼ってあるガムテ緩くね?」

マジで?とガムテープの部分を触ると少し凹んだ。

俺 「もしかしてこの部分壁になってないのかもな。」

弟 「剥がしてみっか。」

弟は壁に貼ってあるガムテープを勢い良く剥がそうとしたが、滅茶苦茶に貼られてるせいか少し剥がれて途中で切れてしまった。

ところが、剥がした部分から小さな隙間が現れた。どうやらガムテープで壁の穴を塞いでるようだ。

それを見た弟はもう一息とばかりに無理やり残りのガムテープを引き剥がす。

小さな隙間はどんどん広がり、全てのガムテープを剥がし終えたときには

直径50cm程の穴が姿を現していた。

弟 「なんだここだけ入れるようになってるじゃん、中どうなってんだろ?」

穴の中を覗く弟

弟 「うわ~すっげー真っ暗だ何も見えない。」

俺 「窓から光差し込んでないのか?」

弟をどかし中を覗く。中は確かに真っ暗だった。一切の光もなくただ暗闇が広がっていた。

そこへさっき下りていった父親とこの家の管理人がやってきた。

父親 「お前達なにしてるんだ、何だこの穴?」

弟 「ガムテ付いてたから剥がしたら穴が開いてたんだよ。」

父親 「なんだ穴まで開いてるのか…。柳さん(管理人の苗字)これ事前に話してくれないと困りますよ。」

柳 「ほ…本当に申し訳ないです…。」

柳さんはそれから黙りこくってしまった。妙なことに穴の方を見ようとしない。表情からは怯えてるようにさえ見えた。

柳 「あ、ああ…この部屋の対処を考えたいので下に移ってもらってもいいですか?詳しいことは下でお話します。」

父親 「そうですね、このままじゃ部屋が使えなくて不便ですし。」

そう言って2人は1階に下りて行った。

俺は気になることがあったので、1階に下り外に出てみた。

気になったのは、さっきの塞がれてた部屋の窓だ。部屋があると思われる場所を外から見てみたが、その部分に窓は見当たらなかった。

だが、窓があったと思われる形跡はあった。窓も壁と同じように塞がれたらしく、周りの黒ずんだ壁と違って白い色がはっきりとしていた。

5分くらい経過し、玄関から柳さんと父親、母親が出てきた。

柳 「本当に申し訳ありませんでした、工事はこちらで頼みますので日程が決まり次第報告いたします。では失礼します。」

母親 「お気をつけて」

俺は両親のところへ駆け寄った。

俺 「話ついたの?」

父親 「ああ、とりあえずあの壁壊して部屋を普通に使えるようにしてくれるってさ。費用も向こうが負担してくれるし、まあ言うことなしだな。」

弟「うわああああ!」

ドタドタドタドタ

突然弟が叫びながら階段を物凄い勢いで下りてきた。

母親 「ちょっとなに?大声なんか出して」

父親 「おい!周りに迷惑だろ」

弟 「2階の真っ暗な部屋…何かいる…」

弟は怯えた顔でそう言った。

弟 「中に入ろうとして顔を中に入れたんだ。そしたら奥からなんか這いずるような音が聞こえて、なんだろうと思ってしばらく様子を見てたんだけど、なんか変で…」

母親 「鼠か何かじゃないの?そんなに怯えるようなことじゃないでしょ。」

弟 「違うんだよ!ねずみとか動物とかそんなんじゃない、なんかを引きずってるような音なんだよ!」

母親 「大き目の動物が迷い込んだのかもね。それとあの穴塞いでおかないと。あなたお願いね。」

父親 「わかった、まぁ気にすんな。大きな鼠が住み着いてんだろ。」

弟 「…」

もう話しても無駄だ、と言わんばかりに、弟は車の中へと閉じこもってしまった。

一方俺は、あの壁の向こうに興味が沸いたので、懐中電灯を持って駆け足で2階へ上り、穴の中を覗いた。

一筋の光が真っ暗だった部屋の中を薄く照らす。

中は荷物やダンボールの箱でいっぱいだった。

耳を澄ましてみるが、弟の聞いたような引きずる音は聞こえなかった。

音は聞こえてこないが、こうやって穴を覗いていると不気味な気分になってくる。「そういえば2階には自分しかいない…。」そう思うと途端に寒気がした。

しばらくすると、階段から父親が上がってきた。

父親 「何してんだ?」

俺 「ちょっと鼠を見てみようかと思ってね。」

父親 「中はどんな感じだ?」

俺 「普通、物置みたいな感じだったよ。」

父親 「って、ことは工事が来たら荷物の処分もしなきゃ駄目か。はぁ…大変だな。しかし、なんだって前の人はこんな風にしちまったのか?窓や出入り口まで塞いじまうなんてな。」

確かにそれは疑問だ。物置なら物置でそのままにしておけば良いのに、わざわざ入り口を塞ぐ理由がわからない。部屋が1つ多いことで困ることなんてないと思うんだが。

父親は壁の穴を布とテープで塞ぎ、それを終えると父親は1階へと下りていった。

俺も父親の後を追って1階へ行こうとしたとき、無意識に穴のほうをチラ見してしまった。

「あれ?…なんか変だ」

布の部分が膨らんでる?

父親は真っ直ぐピンと張っていたはず。

かすかに動いてるようにも見える…。

全身に鳥肌が立ち始める。

何かがまるで穴から出ようとしているみたいだ。

俺は怖くなって1階へと急いで下りた。

だいぶ片付いたリビングに家族が集まり、部屋の使い方を決めることになった。

話し合いの結果、父親と母親が1階の居間、俺と弟が2階の部屋になった。

以前、家族で間取りを見ていたときは、2階の2部屋を俺と弟が使い、兄弟別々の部屋になる予定だったのだが、もう一つの部屋があの状態なので工事が来るまでの間我慢ということになった。

ところが、弟が2階は絶対嫌だと言って聞かない。

あまりにも強く拒否をするので仕方なく2階のもう一つの部屋が空くまでリビングが弟の仮部屋となった。

俺と同じ部屋なのがそんなに嫌なのか、とも思ったが、聞いたところ、昼の一件で2階が怖くなったと言う。

小学5年にもなって何を言ってるんだとも思ったが、よく考えれば、弟の気持ちはわからなくもない。

俺が見た布の膨らみも気のせいか何かの見間違いだと思いたい。

あれを思い出した途端、俺まで2階が怖くなっていた。

とはいえ、俺まで文句を言っていては仕方ない。部屋の荷物をかたずけるため2階へと向かう。

夕方になると元々暗く感じた昼に増して2階が暗く感じる。階段の下から2階を見上げるが、とても怖い。今にも上から幽霊が下りてきそうだ。

一段ずつ階段を上っていく。次第にあの穴が見えてきた。

膨らんでいない。じゃあさっき見たのはやはり気のせいなのか?

気にしないでおこう。きっと引越しで疲れてるのかもしれない。

俺は恐怖を打ち消すために無理矢理そう思い込むことにした。

自分の部屋の整理を終わらせて、俺はベッドに寝転がった。

疲れていたせいもあって、俺はそのまま寝てしまった。

ザザザザ・・・ッゴ ザザザザ・・・・ッゴ

浅い眠りの中、廊下のほうから音がするのに気付いた。

目を覚まして時計を確認すると18時を過ぎ。

部屋は真っ暗、その状況での廊下からの音。

俺はビビって急いで部屋の電気を点ける。

ザザザザ・・・ッゴ

音はまだしている。

ドア越しに耳をつけ、廊下の音を確認する。やはり廊下の奥の方から音が聞こえてきているらしい。

廊下の奥…恐らくあの穴の開いてる壁だ。

ザザザザ・・ッゴ

引きずってる?

いや、何か引っ掻いてる音のような気がする。

弟が言っていたのはこのことなんだろうか?

2分ぐらいして別の音も聞こえてきた。

キ・・キキ・・プツッ・・・

そんな感じの音が混じってきている。

俺は怖かった。

この音を出しているのは家族以外の何モノかだと、なんとなく察していたから。

プツプツッ・・・

もしかして!?

俺は一気に冷や汗をかいた。

なんとなく音の正体がわかった気がした。

テープだ!

テープが壁から剥がれる音。

得体の知れない何かはテープを剥がしてる。

恐怖のどん底だ。俺は部屋からも出られない状況に陥っている。

家族は1階にいるが、俺がこんな状況だとは知る由もない。家族が2階に上がってくることは期待できない。

俺はとても恐怖した、どうすれば良いのかがわからない。

ただじっとその音を聞くしかなかった。

そして更なる恐怖が俺を襲う。

バサッ

何かが床に落ちた音。それも薄く軽い物が。たぶん壁に貼ってあった布が落ちたのだろう。

ギギ・・・ギィ・・

床がきしむ音とサーッという這うような音が聞こえてきた。言い知れない恐怖が全身を包み込む。目には涙が溜まっていた。

這う音は確実にこちらに近づいてくる。

俺は決断をした。大声を出す。大声を出せば1階にいる家族が気付いて2階に上がって来てくれると思ったからだ。

いざ声を出そうとしたとき、1階に家族がいるのか不安になってきた。

もし出かけてていなかったら?

その場合、俺は今廊下にいる何かに自分の居場所を教えるようなものではないだろうか。

いや、もう既に自分がここにいることは、得体の知れない何かに知られているのかもしれないが…。

もう、なりふり構ってなれない。這う音はますますこちらに近づいてくる。俺は渾身の叫び声で

「うおおおおおおおおおお!!!」

と叫んだ。

自分の声が家中に響く。肺の中の酸素をこれでもかというぐらい使い、俺は懸命に叫んだ。

息があがった。廊下に耳を澄ますと音はしてなかった。

少しすると、階段を上がる音が聞こえてきた。

その音を聞いて安心した。

ガチャと扉が開く。そこには怒っている父親が立っていた。

父親 「おまえ何時だと思ってるんだ。近所に迷惑だろ。」と、頭をガツンと叩かれた

が、そんな父親の怒りは、廊下の音の恐怖に比べたらどうでもいいことだった。

父親と1階へと下りる途中、ふと、壁の穴に目がいった。

布が取れていた。

俺は父親に布が取れていることを伝えると、父親は「あれ?何でだ?」と言いながら布を貼り直した。

何かが穴から出てきたことを俺は確信した。この家には何かがいる。

俺は家族にさっきの出来事を話してみた。両親は冗談だと思ってるらしく、ただ笑っているだけだった。弟はこの話を聞きたくなさそうに顔を下に向けている。

俺は弟が体験した昼のことが気になった。ただ、音が聞こえただけにしては、弟はあまりにも怯え過ぎているように見えたからだ。

俺は弟に昼、2階の穴で何があったのか聞いてみた。

弟は嫌な顔をして、「話したくない」の一点張り。

だが、俺がしつこく聞き続けると、弟はやっと重い口を開いて言った。

弟 「兄貴が1階に下りて行った後、俺さ、穴の中に顔入れて中を確かめようとしたんだよ。中はもちろん真っ暗で何も見えなかったんだけどさ。次第に奥から音が聞こえ初めてさ。最初はネズミか何か動物かと思ったんだけど、何て言うかそんな感じじゃないんだよね。しばらくその音を聞いてたんだけど、穴の中の廊下の薄明かりで見える範囲に、突然…」

弟はそこで黙ってしまった。

俺は、突然なんだよ、と聞くと、

弟 「…人間の手みたいなものが見えたんだ…。それで怖くなって急いで下りてきたってわけ…」

俺はかける言葉もなかった。いや、言葉が出てこない。

そんな話を聞いた後で部屋に戻る気にはなれない。

親を説得して弟と一緒にリビングで寝かせてもらうことにした。

その日はぐっすり眠れなかった。

今も2階で得体の知れない何かが潜んでると思うだけで、これからの生活が憂鬱になった。

次の日。

朝ご飯を食べ終え、学校へ行く準備をする。

今日は転校初日。父親も車で一緒に行くことになっている。

登校の準備をしようとして俺は気付いた。制服も鞄も部屋にあることを。

俺はどうしようかと迷ったが、恥を承知で弟に怖いから一緒に来てくれと頼んだ。

弟は仕方ないとばかりに俺の後をついてきてくれた。

階段を上がり穴の方を見てみる…

布が落ちてる。

父親が貼り直した時点で布の付け方が弱かったのかもしれない、とも考えられるのだが、何故だか俺は、何かがまた穴から出てきた、と確信していた。

弟は怯えていた。

俺は直ぐに部屋に入り、必要な物をまとめてリビングに置くことにした。

その日は無事に学校も終わり、俺は地図片手に歩いて家へ帰ってきた。

玄関に入ろうとするが、鍵がかかっている。

「誰もいないのか…」気分が暗くなった。

母親は弟を迎えに行っているのかもしれない。

合鍵で玄関を開く。家の中は静かだ。

俺は急いでリビングに行き、電気を点ける。テレビを点け、音量をなるべく上げた。

「今も2階のあの穴の先の部屋に何かがいるのだろうか?」

そう考え始めるとどうにも恐怖に負けてしまう。

しばらくの間、ソファーに座りテレビを見ていると、眠気が襲ってきた。

寝ている間に時間が過ぎて、そのうち親も帰ってくるだろう、とこのまま眠気に任せて眠ることにした。テレビは点けっ放しで。

ガン!

その音で俺は目を覚ました

辺りは真っ暗だった。

点いていたテレビも何故か消えている。

家族はまだ帰っていないらしい。

窓から入る明かりを頼りに、テレビのリモコンを取るが電源が点かない。

どうやら停電のようだ。

でも妙だ。

窓から見える周りの家の電気は点いている。

「俺の家だけ?」…なるほど、さっきの音はブレーカーが落ちた音だと理解した。

しかし、ブレーカーが落ちるほどの電気は使っていないはずなのだが…故障かなにかだろうか?とりあえず玄関にあるブレーカーを見に行くことにした。

廊下はかなり暗い。ゆっくりと足を踏みしめる

ゴッ

俺 「!?」

一瞬びくっとなった。

足が廊下に置いてあった荷物に当たったようだ。

ようやくブレーカーの所まで辿り着いた。

スイッチを上げるが、まったく点かない。

俺は混乱した。

「なんで点かないんだ?」

ズズズ…

そのとき、上の方で小さく音がした。

聞き覚えのある音。

ギィ・・・ ギィ・・ザザザ・

何かが這いずるような音…

それは確実に上から聞こえる音だった。

あの穴からだ。

俺はもう動けなかった。腰を抜かし座り込んでしまって、まったく動けない。

ぺタ・・・ぺタ・・

音が近づいてくる。

階段を下りているような気がする。

こっちに向かってきているのか?

俺は階段の方を見ていた。

足や歯がガクガク震える。

ぺタ・・・

階段の5段目ぐらいに何か黒い物が見えてきた。

そいつは人なのかわからないが、腕のような物が確かにあった。

それを見てる間にどんどんと目が焦点を合わせられなくなっていった。

目が回る…吐き気もする…心臓がバクバクとすごい速さで動く…

そこで俺の記憶は途切れた。

俺は2階の部屋で寝ていた。

「夢だったのか?」

それならそれでありがたい。

部屋の外から機械音が聞こえる。部屋を出ると穴のあの壁を工事業者の人達が壊していた。それを見てすごく安心したのを覚えている。

家族に聞いたところ、俺は玄関で倒れていたらしい。

見つけたのは母親で、救急車を呼んだらしいが別に俺に何の異常もなかったようだ。

父親も急いで帰ってきてくれたらしく、俺を部屋に運んだのは父親だそうだ。

いろいろと両親に倒れる前のことを聞かれたが、話す気にはなれなかった。

穴の部屋は塞いでいた入り口の壁を壊し、外側の窓を塞でいた壁も取り壊し、光が差し込んでいた。

部屋の中は子供用の玩具や絵本が散乱していた。

子供部屋だったようだ。

部屋を改装してからは不思議とあの音は聞こえなくなった。

弟もすっかり平気になったようで、俺と一緒の2階の部屋で寝るようになった。

だが、改装したとはいえあの部屋を使う気にはなれなかった。

俺が中学を卒業すると同時に、あの家を引っ越した。

結局、あれが何だったのかは、今となってはわからない。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9761
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

こ…怖い(T_T)
ソレは、元々そこに住み着いていたモノなのでしょうか?
それとも、前の住人が引き入れてしまったモノなのでしょうか(T_T)?
そして、どこかへ行ったのか?
今尚そこに居るのか?