中編2
  • 表示切替
  • 使い方

小さい踏切

wallpaper:221

music:1

これは、私が中学二年生の時に実際に体験した話です。

当時私は受験が近くなっているのにもかかわらず、不良の友達3人とよる遅くまで騒いでいました。

仮にその仲間をA,B,Cと名付けるとしよう。

いつもと変わらない毎日を、4人で満喫していました。

nextpage

A「でさ~!その時俺彼女とマジでビビっちゃってさ!」

B「何だよそれ(笑)」

C「お前の話はいつも愉快だよな(笑)」

私「それでそれで?!」

至って普通の男4人の会話。

そしてこれが、4人の最後の愉快な会話になるとは誰も想像していませんでした。

この時までは。

nextpage

B「なぁ!どうせ明日土曜だしよ、今日はおれんちに止まらないか?」

C「いいの?姉貴とか平気なのか?」

B「今日は彼氏の家に泊まるっつってたから!」

A「いいじゃん!行こうぜ!」

午前二時頃、Bの家に止まりに行くことが決定し、私たちはコンビニをあとにしました。

nextpage

B「大丈夫だって!近道だから!」

そう言ってBを先頭に歩いていると私は、立ち入り禁止の錆びた看板が落ちているのを見つけました。

Aは一度この近道を通ったことがあったので普通でしたが、Cと私は初めてだったので、少しだけ不安はありました。

ですが、喧嘩が強いAがいる限り、大丈夫だと自分を言い聞かせていました。

nextpage

B「ほら!あそこ!あそこを超えたら、すぐ家に着くよ!」

そう言ってBが指をさした先は、

とても古臭く、

錆び付いていて、

街灯がチカチカと切れかかっている、

nextpage

wallpaper:259

踏切でした。

それはとても小さく、人が二列になってやっと通れるくらいの大きさでした。

BとAは仲良く話しながら歩いていて、その後ろから私とCが黙って付いて行きました。

すると、

向こうの方から、同じく四人組の学生たちが静かに歩いてきました。

nextpage

違う制服だったので、無視して踏切を渡ろうと心がけました。

私たち四人と向こうの四人は、同時に踏切の上ですれ違いました。

その時、

nextpage

music:6

「お前、よくわかったな」

声がしました。

どうやら、向こうの四人のうち、最後尾の男の子がこちらの最後尾のCに話しかけたようなのです。

C「あ?な、なんやと?」

そう聞いた途端、踏切がなり始め、二つのバーがゆっくりと動き始めました。

nextpage

四人全員が渡り終わったあと、Cがこのことを私たち三人に伝えてきました。

C「なぁ!今の四人組のさ!四人目のやつ!マジで意味わからんこと言ってきてん!ほんま腹立つわ!!」

イライラしながらCが私たちに話してきました。

しかし、私たちはそれに共感もせず、ただ、黙って震えていました。

C「? どうしたん?」

A「なぁ、C、あいつら…」

nextpage

wallpaper:136

music:4

「三人しかいなかったやん。」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9230
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ