短編2
  • 表示切替
  • 使い方

琵琶法師

この話は有名なので知っている方も多いかもしれません。

長い割につまらないかもしれませんが、記憶を頼りに脚色なしで書こうと思います。

昔芳一という名の琵琶法師がいた。芳一は盲人だが琵琶の弾き語り「平曲」の名手で有名な小僧だった。

ある夜、坊主の留守に芳一が琵琶を弾いていると誰かが部屋に入ってきた。

目の見えない芳一は入ってきた人と会話を交わした。

聞くところによると彼は武士らしく、芳一の琵琶の腕前を聞きつけた貴族が是非とも弾き語りを聞きたいので来てほしいということだった。

芳一は言われるがまま武士に付いて行き、武士が仕える貴族達の下へ案内された。

さっそく弾き語りを始めると貴族達は聞き入り、中でも平家が源氏に破れるシーンでは皆すすり泣き始めた。

芳一は自分の腕をほめられ7日間ここへ来て琵琶を弾くよう頼まれ、次の晩もその次の晩も弾き語りをした。

そんなある日、夜な夜な出掛けてはやつれていく芳一に気付いた坊主は不審に思い、小僧に芳一の後を着けさせた。

そこで小僧が見たのは、平家の墓地の真ん中で真剣に琵琶を奏でる芳一の姿だった。小僧は急いで坊主に見たことを告げた。

芳一から事情を聞いた坊主は7日目の明日は法事があるので芳一には付いてはやれないが、絶対に行ってはならぬと聞かせ芳一の体中に般若心経を書いた。

その晩、芳一を迎えに来た武士の亡霊は芳一の姿がなく、呼んでも返事がないので探し回った。すると宙に浮かぶ耳を発見した。坊主は耳にだけお経を書き忘れたのだ。

亡霊は、芳一がいないなら耳だけでも持って帰ろうと、耳をひきちぎって帰って行った。

法事から帰り事情を知った坊主は自らを責め、芳一に謝ったが、お経のお陰で芳一は連れて去かれずに済んだ。

この話は耳なし芳一として平家滅亡の地、下関では有名な話です。

平家の墓は今でも赤間神宮内にあり、芳一も墓地の隣にお堂を建て、祭られています。

長い話にお付き合いいただきありがとうございました。

怖い話投稿:ホラーテラー コットンさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
13100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ