中編2
  • 表示切替
  • 使い方

恐怖の蛾人間

wallpaper:158

music:5

もしも あなたの目の前に 得体の知れないバケモノが現れたらどうしますか?

今からお話しする話は

そんな得体の知れないバケモノに遭遇した一人の人間の物語です

nextpage

ある二人のカップルが山道を散歩していました

そこは月明かりで照らされるだけの薄暗い山道でした

時代は明治の初めまだ 文明が栄えなかった頃まで話はさかのぼります

wallpaper:16

どうやらこのカップルは道に迷った挙句 森にさまようことになってしまった

sound:40

二人っきりで何時間もさまよった挙句 ついに力尽き その場で足を止めた

wallpaper:27

月明かりに照らされ その場で動くことも出来ず 辺りは真っ暗で 北も南も西も東もわからなくなっていた

sound:8

辺りを見回すと異変に気づいた

かすかに

木々の間から何かの気配を感じたのだ

nextpage

wallpaper:75

「カサカサカサカサカサ」

shake

「カサカサカサカサカサ」

shake

なにか暗闇でうごめくものがあった

徐々にこちらに近づいてくるのがわかる

ヤバイ!!!っと思った瞬間

sound:17

nextpage

体調5メートルはあろう大きな羽を持ったバケモノが襲ってきたのだ

music:6

そのバケモノは 大きな羽を

バタつかせながらするどくとがった爪で女性の頭をひとかきし

sound:39

shake

女性の頭は首から上が削げ落ちて 血が吹き出していた

男は隙を見て逃げ出した しかし後ろからものすごいスピードであっというまに追いついてしまった

殺されるっと思った瞬間

辺りが徐々に日の光で明るくなってきていたのが幸いしたのか

そのバケモノは 森の奥へと逃げていった

music:1

wallpaper:163

それからというものこの森に近づくものはいなくなった

今もこの森は蛾人間の森といわれ 恐れられている

もし森で道に迷ったときは 蛾人間は光に弱いので

懐中電灯などを持ち歩くとよいという

夜道での道中では蛾人間にきをつけてください

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
74010
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

蛾なのに光に弱いのか。