短編1
  • 表示切替
  • 使い方

嫌な夢

ずーっと昔……小1くらいかな……。嫌な夢を見ました。

母の実家が舞台でした。

父と兄とかくれんぼをしているのです。

父が鬼で私と兄が隠れる役だったみたいで、夢は父に私が見つかり、兄を探すところから始まります。

その途中、八畳の寝室の横を通ったときに、隅に130㎝のおかっぱ頭の人形?が立っていました。

とても不気味で私は父に抱きつきながら通り過ぎました。

兄は、祖父の書斎の中に隠れていて、すぐに見つかりました。

そして、居間に戻ろうということになり、父と兄と並んで歩きます。

でも、父と兄がどんどん遠ざかっていくのです。

いや、私が離れていくといったらいいのでしょうか。

気がつけば、私は真っ暗な廊下に一人ぽつんと取り残されました。

遠くに台所のドアから洩れる光が見えます。

その時。

つんつん、と背中をつっつくように感じました。

振り返ると先ほどの少女がニヤ、と笑って立っていました。

なぜ暗闇の中で見えたのか分かりませんが、そこから夢は私と少女の横からの視点になります。

私は叫びました。

すると、少女は口をゆがませて、嬉しそうに言いました。

「ずっといっしょにいようね」

そして、私は目が覚めました。

◦0年たった今も、鮮明にその夢が頭に浮かびます。

長話でしたが、読んで下さりありがとうございました。

怖い話投稿:ホラーテラー 天パさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
11000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ