砂に消えた君を拾い集め…

短編2
  • 表示切替
  • 使い方

砂に消えた君を拾い集め…

ある男の子が新しい町に引っ越してきた。

まだ小学一年生で、引っ越しの手伝いもせず近くの公園に遊びに行った。

公園にはブランコ、滑り台、砂場しかなく、寂しかった。

それでも十分な広さだった。

砂場に三十代くらいの女性が座っていた。

男の子は砂場で遊びたかったが、仕方なくブランコで待つことに。

しかし、いくら待っても砂場から出ない。

待ちくたびれた男の子は仕方なく話しかけた。

「僕も砂場で遊んでいい?」

「ええ、いいわよ。」

砂の団子やお城。

その女性も付き合ってくれた。

「ボク、作るの上手ね。」

「うん、得意なんだ。」

「ねぇ、お人形さん作らない?」

「いいよ。」

今度は女性が率先して作りだした。

かなり巨大な人形になりそうだった。

「おばさん、そんなに大きいの作るの?」

「そうよ、ボクくらいの大きさにしたいの。」

大量の砂を使った。

掘り進めるごとに鼠色だった砂がほんのり赤黒く・・・。

一時間ほどかかったろうか。

男の子と同じくらいの大きさの人形ができた。

「さぁ、これで仕上げよ。」

女性がバケツに用意していた糊を人形にかけた。

「おばさん、どうするの?」

「もちろん連れて帰るわ。」

砂人形は綺麗な女の子になった。

「ありがとね、ボク。もう遅いから帰りなさい。」

「うん。じゃぁね。」

砂場を出ようとしたその時。

「待ちなさい!!!」

女性に引き止められ、服をはたかれた。

異常に神経質に、鬼の形相で。

「おばさん・・・?」

服についた砂は綺麗に落とされた。

「さぁ、これでいいわ。気をつけて帰ってね。」

さよならも言わずに全速力で帰った。

家へ帰る途中、目に留まったのは砂人形が奥にずらりと並べられている家だった。

よく見ると、男性が人形を綺麗に磨いている。

一体ずつ、愛情をこめるように。

「ただいま~!」

「あ、おかえり。片付けも終わってご飯も出来てるわよ。」

「うん。カレー?」

「あら、どうしたのその手?」

「えっ?」

ほんの少し赤黒くなった手。

何故か生温かく感じた。

「さ、手洗いしてきなさい。」

「は~い。」

・・・。

誰もいない公園。

人形ができる度に砂が減っていく。

今日も作り、磨き上げる。

砂に還った我が子を引き戻すため・・・。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
88700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ