中編3
  • 表示切替
  • 使い方

すれ違った歩行者

多重投稿で申し訳ない。

コレはボクが「蝸と蛙と…」で紹介した例の『獣道』で体験した話…。

しかし恐怖の対象は霊のみとは限りません。

人間も十分過ぎるほど怖いょ…

この頃のボクは恐怖体験は多いものの、どこかそういうものに麻痺していたのだと思います。

(上司に怒られるほうが怖かった…まぢで…)

その頃DVDカムを買ったんだ。

特売で安かったからさ。

使い道もないのに…。

撮るものもなく3日ほどすぎたある日、仕事先からボロボロの体を引きずり、部屋に帰ってきた。

コンビニで買ってきたパンとジュース、フライドチキンを食べ尽くし、「風呂はいるまえに彼女に電話でもしておくか」とポケットに手を入れた。

無い!落としたかっ!?まさかレストランにっ…?

時計を見ると12時前後。連絡しないとまた彼女にどやされる。

…取りに行こう。

防寒具を身につけるボク。さぁ行こう、と靴に片足を入れた時。

DVDカムが目に止まった。

「…証拠録っとけば彼女も納得するし、話の種にもなるかも…」

ボクは道中を記録しながら向かう事にした。

『獣道』を歩いていると、前から人が歩いてきた。

暗いのでよく見えない。

そのまま近づいていくと、ソレは同年代くらいの男だった。

この時間の『獣道』は、ホテルから寮へ帰るひと位しか使わない。

暗いし、たまに猪がでるからだ。

同業者だと思い、顔を見る。無表情の上、知らない顔。

部署が違うんだろうな、と思いつつ、「お疲れ様でーす」と、ボク。

通行人は何も言わずに行って終いました。

気にも止めず、自分にカメラを向け、実況しつつ足早に歩を進める。

従業員通路から入り、エレベーターにのる。

案の定ケータイは真っ暗な休憩室の中にあった。

闇の中に響くバイブレータの振動音と、チカチカと瞬くディスプレイの光は、どことなく幻想的で、またボクの思考を恐怖に染めるに十分だった。

ケータイを取り、足早に外へ。

軽く走りつつ彼女へ言い訳の電話。

「ふーん」とそっけない返事に、ボクは20分後に行くと告げ、電話を切った。

部屋につき、カメラを置き、入浴セットを持ち、DASHで共同風呂へ。(風呂の使用時間が1時まで)

超速で10分。

服を着るのに5分。

部屋で一服約5分。

時間がきたので彼女に電話、部屋に向かう。証拠の映像をとったカメラを持ち。

部屋に招き入れられ、とりあえずタバコに火をつけた。

遅くなった言い訳しながら、顔をふくらました彼女にさっきの映像を再生して見せた。

映像を見終わった彼女に、得意気に「ホントだろ?」とはなつ。

彼女の一言は、想像していたそれとは違った。

「…何…これ…?」

彼女は目を見開いている。

きょとんとするボクに、彼女はカメラを操作し、ある場面を見せた。

場面は『獣道』。

若い男とすれ違った所だ。

……………

場面は過ぎたが…

違和感がのこった。

カメラはボクに向いて居たのだが、すれ違った男が妙なのだ。

簡単に言うと、前を歩いている人を追い越した感じ。方向転換している感じではなく、あくまで追い越したようにうつっているのだ。

確か前から歩いてきた人とすれ違ったような。

毛穴がひらくのを感じた。

…だが、彼女はそれを知らないハズ。

カメラはずっとボクに向いている。

グルグルまわる思考のなか、映像は進む。

場面は帰り道。

従業員通路のドアを出るときだ。

小走りだった為か、画像がぶれてしまっていた…が。

ボクが出た後

閉めたドア

ゆっくり開くドア

中から人が

あの男

『獣道』ですれ違った

あの無表情の男

ぞっとした。

小走りだったからか、そのあと男はうつってはいなかった。

「ねぇ、この人知り合い?おいて来ちゃったみたいだけど…ケンカでもしたの?」

絶句。

ボクは……すれ違ったあの男に。

すれ違ったハズの男に

ずっと

ツケラレテイタ

ずっと………

怖いので考えるのを止めて甘い夜に舌鼓を打った。

(我ながら愚直な思考回路だ…)

それから

箱根を去るまで

その男を見掛けることは

なかった。

っつかどうせ追っかけるなら可愛い女の子とかだろっ!!

なんでボクナンダョっ!?バイかっ!?

それから今まで

夜道で振り返る毎にドキドキです(--;)

怖い話投稿:ホラーテラー ダテコさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
6571
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

怖い!!
生きた人間なんですか??