短編2
  • 表示切替
  • 使い方

〜キセキ〜

wallpaper:4

私には彼氏がいる。

その彼氏と二週間前から

喧嘩をしていた。

理由は、わからない。

気づいた時には彼氏が怒っていた。

nextpage

まじ最低。

最悪。

nextpage

ある日、私は図書館へ行った。

その時、「キセキ」

という本を手にとっていた。

とりあえず少し読んでみようと

本を開くと、

nextpage

あなたが生まれた中で出会った人は

あなたに出会うために生まれてきた人。

その人と出会うために生まれてきたあなた。

その人との時間はキセキだ。

そのキセキを大切に過ごしなさい。

nextpage

私は、彼氏と自分の事を

言われている気がして

すこし気味が悪くなった。

しかし、それと同時に

仲直りしなきゃ

と思った。

携帯を取り出そうとすると

ポケットがヴヴヴ、と振動した。

nextpage

取り出し画面をみると

彼氏からだった。

彼氏も同じ気持ちでいてくれた、

と喜んでいた。

しかし現実はうまくいかないものであった。

nextpage

電話にでると

「もしもし…?」

と聞こえた。

しかしすぐに気がついた。

声の主が彼氏じゃない………。

恐る恐るその声に答えると

信じられない返事が返ってきた。

nextpage

もしもし…?

雄大(彼氏)の母ですけど。

杏里(私の名前)ちゃん?

あのね?とても話ずらいんだけど…

雄大が、トラックにひかれて

死んでしまったの…。

今まで雄大をありがとう。

雄大は嬉しかったはずよ…感謝してるわ。

杏里ちゃん、自分の事を攻めないでね…。

nextpage

最後の方なんて聞けなかった。

嘘だって言って。

悪ふざけだって言って。

なんで?なんで雄大なの?

どうして?

私は涙が止まらなかった。

nextpage

その時手にしていた本を見つめ

最後のページを読むと

「キセキなんて思えば短い物だ。

後悔はするな。

相手も望んでいないはずだから」

もう涙止まらなかった。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2,9332
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

匿名さん手厳しいですね、愛のムチでしょうか笑
ですが確かに、文章が途切れがちな気も致します。もう少し文を揃えた方が良いかと。
アドバイスという程でもないですが、文章など人それぞれです。自分の書きたいように書けば、それに賛同してくださる方もきっといるはずです。頑張って下さい。

切なくなるいいはなしですね。怖い話ではなかったですけど。