短編1
  • 表示切替
  • 使い方

忘れ物帳

小学校に通うA君は忘れ物が多く、よく先生やお母さんに叱られていた。

ある日、『いってきまーす!』と、元気よく学校へ向かった。

学校へ行く途中に、音楽の授業で使う物(笛)を家に忘れた事に気付いた。

叱られるのが嫌なA君は、急いで家に戻った。

遅刻したら怒られる。

忘れ物したら怒られる。

焦っていたA君は、帰宅途中の踏切で、電車に跳ねられて即死してしまった。

見付からない体の一部もあったという。

何日かして、母親がA君の部屋を掃除していた。

忘れ物帳ね…。

懐かしく思った母親はペラペラ捲ってみた。

雑巾。

石鹸。

宿題。

etc.。

母親は自然と涙が出て来た。

忘れ物帳の一番最後。

僕の右手。

と、書いてあった。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
27000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ