中編4
  • 表示切替
  • 使い方

喰う

初投稿です。

nextpage

wallpaper:122

私はとある田舎の集落に住んでいました。

当時は戦後間もない頃で、

満足な食料など容易に手に入るものではありませんでした。

nextpage

wallpaper:122

そんな中、私の家の近くに小さな肉屋ができました。

その店を仮にA店としましょう。

A店は、上質の肉を

格安で提供する店ということで、たちまちA店のことを知らない村人はいないほどになりました。

A店の前には毎日行列ができました。

nextpage

wallpaper:198

その肉の、今までに食べた事のないような美味しさに、

私の家もすぐにA店の常連となり、毎日のようにA店の肉が食卓に並ぶようになりました。

その日もいつも通りA店の、柔らかく美味しい肉が食卓に並んでいました。

味噌で味付けされ、焼かれたその肉を口に運んでいると、ふと口内に異物感を感じました。

nextpage

ぺっ とそれを皿に吐き出してみると、それは3本ほどの髪の塊でした。

母に訴えようとしましたが、美味しそうに肉を口に運ぶ父と母の様子を見ていると、なんだか言う気にはなりませんでした。

nextpage

翌日、友人のKにその事を話すと、Kは驚いた様子で「俺もだ」と言いました。

そして、俺たちはあの肉屋には何かある、と思い探りに行く事にしました。

nextpage

当時は中学2年生、好奇心旺盛で遊び感覚だったのでしょう。

nextpage

翌日、放課後にKの家に集合し、例の肉屋へと向かいました。

そして、肉屋の裏口へ回り込み、中へ入れる場所を探しました。

しばらく探索していると、Kが私を呼びました。

nextpage

「これ、見てみろよ」

やや興奮気味の声でKが言いました。

Kの指差す方向に目をやると、そこには大量の髪が散乱していました。

nextpage

私達は興奮し、躍起になって入り口を探しました。

そして、私は僅かにめくれた外壁のトタン板を見つけました。

nextpage

私とKは息を潜め、その隙間を覗き込みました。

もう辺りは暗く、中からは薄暗い光が漏れ出していました。

nextpage

wallpaper:408

まず私達の目に写ったのは黒い水たまりのようなものでした。

光の加減で色は真っ黒に見えましたが、私は、肉屋なのだから血だろう。と納得しました。

次に見えたのは、手に斧を持った人影でした。

その人影は斧で何かを叩き切っています。

nextpage

私はすぐに其れが家畜などではない事がわかりました。

何故ならその何かには、黒い髪が生えていたからです。

私は思わず叫びました。

nextpage

Kも其れが何か気付いていたようで、私の方を目を見開いて振り向きました。

nextpage

私はすぐに自分が大変な事をしたことに気付きました。

人影がこちらを振り向いたからです。

nextpage

shake

斧を引きずり、こちらに向かって来ました。

私とKは泣きながらめちゃくちゃに走りました。

暫く走ると、斧を引きずる音も聞こえなくなり私達は落ち着きを取り戻し始めました。

その時です。

nextpage

shake

wallpaper:61

私の横で荒い息を整えていたKがふっ と視界から消えました。

そして、鈍い音と共にKが膝から崩れ落ちたのです。

一瞬、私は何が起きたか理解できませんでした。

nextpage

呆然と立ち尽くしていると、数十メートルほど後ろに人影を見ました。

nextpage

背格好から、先程私達を追っていた者のようです。

しかし、その手に斧はありません。

なぜなら、Kの頭に深々と突き刺さっていたからです。

恐らく、斧をブーメランのように投げたのでしょう。

nextpage

私はそれを見るや否や、瞬時に状況を把握しました。

それと同時に、足が動き出していました。

もう、頭の片隅にもKの安否などありませんでした。

薄情だと思うでしょうか。でも、この状況に置かれたら、貴方も必ずそうしたでしょう。

nextpage

私はこれ以上にない程全力で走りました。

先程まで隣にいたKが居ないことも忘れて。

nextpage

そして、気がつくと私は自分の玄関にへたり込んでいました。

逃げ切ったのです。

もう時計は10時過ぎを指していました。

私の家は門限が厳しいのです。

泣きつく暇もなく父親にぶたれました。

nextpage

Kの事を話すも、まるで取り合ってもらえず、次の日を迎えました。

Kは学校を休みましたが、行方不明などとは言われていなかったので、私は昨日のことは夢だったんだと、自分に思い込ませました。

きっと私もそう思いたかったのでしょう。

nextpage

その日の夜、さすがに私は肉を食べる気にはなりませんでした。

しかし男子中学生の食欲です。一食でも我慢することなどできません。

nextpage

メニューは豆腐ハンバーグでした。

肉を使わない、豆腐で作られたハンバーグです。

私はこれ幸いと、かぶりつきました。

なんだか前に食べたものとはずいぶん味が違って、すごくジューシーです。

私は大喜びで何個もおかわりしました。

nextpage

母「あらあら、こんなに喜んで食べて...お肉と豆腐を半分ずつにしたのが良かったのかしら。」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2,47316
7
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

>モディオダールさん

そうなんですか!
親切にありがとうございます(´Д` //
怖話では検索しても出ませんでしたw

どちらも映画ですよ、20年くらい前の…
人肉饅頭の方は八仙飯店乃人肉饅頭というのが
正式なタイトルです。
DVDやブルーレイになってるかな?

>モディオダールさん

怖話でですか?
探してみます!(・ω・´)

"人肉饅頭"とか"人肉天ぷら"なんてのもありましたね。

>パルプンテさん

ありがとうございます!

人肉ラーメン!?すっっっごく見たいんですけど...( ゚д゚)!
いつの映画だろうww

面白かったです!
人肉ラーメンって映画を思い出しました。

>匿名さん

さっそく編集させていただきました!

>欲求不満さん

人間の肉...どんな味なんでしょうかw

>ゲバオさん

天才!?
ありがとうございます!
編集してみます!

>月夢改さん

ありがとうございます!(;ω;)

話にもう一工夫あったら良かったかもしれませんね。
例えば、友人が捕まって行方不明の後夕食にあの店の肉が出る。
もしかしてこれは友人の肉ではと思いながらも食べてしまう主人公。
ラストはムシャムシャと肉にひたすらかじりつくシーンで終わるとか。
まぁこれもどっかで聞いたようなラストな気もするけど(^_^;)

あ~創作でよかった・・・・

読みやすい

犬神さんコメントありがとうございます!
犬神さんの作品読ませてもらってました!
次回作に期待〜(^ω^)

アドバイスありがとうございます!
でも...ごめんなさい、どうやって戒めの要素を加えたら良いのか検討がつきませぬ(;ω;)
誰か具体的なアドバイスを恵んでくだされ〜(´-`)

カニバリズムはハマるとヤバイwww