短編1
  • 表示切替
  • 使い方

古本

もう10年近く前の話…

ネットオークションで欲しかった漫画を落札した。

大人買いで20冊位を全巻揃えだ。

何日もたたず本が届いた。

嬉しくて一気読みしたが、家族も誰も居ないのに何故が気配がする。

怖くは無いが居心地が悪い感じだ。

別の機会に話すが、この家にはお婆さんの霊が居るのはわかっているし、知っているお婆さんなので怖くない。

そのお婆さんとは違う気配がするのだ。

本…かな?

本に何かが憑いてきたのかな?

そう思った数日後、娘を連れて近所の商店街を歩いていたらお茶屋の店先、いや、入口の真ん前に托鉢のお坊さんが立っていた。

不思議に思って娘に、「あそこにお坊さん居るよね?」聞いてみた。

「誰もいないよ」

!!

そのまま家に引き返して日なたに本を並べて粗塩を振りかけ暫く放置。

それから家の中の変な気配も無くなった。

やっぱり本に憑いてきたのかな?

ちなみに本は、超人ロックでしたが…

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
57700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ