中編3
  • 表示切替
  • 使い方

告白

music:4

高校の卒業式に、友人Aは同級生で親友だった男Bに告白された。(Aも男)

Aはショックで混乱しつつも、Bを傷つけないよう丁寧にお断りしたそうだ。

しかしBから「1度だけデートして欲しい」と懇願され、情もあって承諾したらしい。

nextpage

で、実際デートしたんだが、(というか二人きりで映画を見て食事をしただけ)

別れ際に、「俺が女だったら、Aは俺とつき合ってくれたか?」と聞かれたそうな。

Bは県外に進学する予定だったし、恐らくもう一生会わないだろうという思いと、

二人で楽しく過ごした学校生活を思い出したこともあって、急に寂しくなり、

「お前が女だったら、つき合うどころか結婚してたかも」と答えたらしい。

Bはそれを聞いて泣きながら、「ありがとう、ごめんな、さようなら」と言って去り、

Aも涙が止まらず、Bの背中が小さくなって消えるまで見送ったそうな。

それから数年後、Aはバイト先で知り合ったCという女の子に告白され、つき合った。

Cはことあるごとに、「ああ、女に生まれてよかった」と言うクセがある子だった。

nextpage

ある日、Cがやたら上記の台詞を繰り返すので、いつもは聞き流すAも「なんで?」と聞いた。

するとCは、「だって私が男だったら、Aは私とつき合わなかったでしょ」と答えた。

その時、Aの頭に浮かんだのがBの顔。

それまでは滅多に思い出すこともなかったのに、

Cのこの言葉が、Bが別れ際に言った言葉と、まったく同じ話し方だったらしい。

しかもこの会話があった場所は、Bと別れた場所と同じ(地元の駅前)だった。

その時は偶然だなぁ、と思っただけらしいんだけど、

それからCの行動を注意して見ると、驚くほどBとそっくりなことに気付いた。

笑い方、食事の仕方、本の読み方とかの仕草、好きな食べ物、好きな音楽や映画などの嗜好物も、

実はまったく一緒だったらしい。

Aは「Bは性転換と整形をしてCになり、俺に近付いたのか?」なんてことも思ったが、

Cの親(当然Bの親とは別人)にも会っていたし、Cの女子高時代の友人にも会っていたし、

第一身長が全然違う。(Bは170cm越え、Cは150cmちょっととかなり小柄)

だから、ただの偶然だ。似てると思うからそう見えるだけだ。と自分に言い聞かせたらしい。

nextpage

しかしある日、C宅でAとCが二人でテレビのロードショーを観ていた時。

Cが、「これ懐かしいね。最初のデートで観たよね」と言ってきた。Aはぎょっとした。

その映画はBとのデートで観たもので、Cとは観に行っていないからだ。

「この映画やったのって俺等知り合う前だよ。前彼と勘違いしてない?」と言うと、

「嘘、一緒に見たよ」と言ってきかない。

それどころか、その日のAの行動を細かく話す。

(ホットドックのケチャップをこぼしたこととか、釣り銭間違えられて得したこととか)

しかも、それは全て事実。

さすがに怖くなって、Aは適当な理由をつけて帰宅した。

それからAはCのことが怖くなり、好意もなくなってしまったので、別れを告げた。

別れ話は修羅場で、Cは泣くわ暴れるわ死のうとするわ、手がつけられなかったらしい。

結局Aはバイトを辞めて、一時は家族や友人一同にも音信不通となって県外へ逃亡。

連絡が取れるようになってからことの顛末を聞き、「男らしくないなぁ」と私が言うと、

「だって『結婚するって言ったじゃん!だからこの女になろうと思ったんじゃん!』ってCが言ったんだよ。

 手首切った後に。

 絶対やべぇって思うじゃん」とA。

最初話を聞いた時は、仕草や嗜好物の一致は偶然、映画云々の話はAとCの勘違い

(Aは映画デートの一件をCに話していて、Cがそれを自分が経験したことだと勘違い)だと私は思ってたんだけど、

「この女になろうと思った」というCの言葉は怖いな、と。

(ちなみに、AはBに告白されたことを、Cにもバイト仲間にも話していません)

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
2,7536
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

雨月さんへ

鋭いですね!なんちってw
スーパーナチュラルじゃねえんだよ!w

手首を切って一度死んでから、死んで間もない女の子の身体に入ったってとこか。黒魔術でも使えるのかな〜。

これ、前にどこかでみたような??コピペですか?
なにはともあれ、そこまで好きだとこわい(*´∀`)

コメントありがとうございます(^_-)
また面白い話があったら投稿させていただきます(^-^)

不思議なお話だこと。

うわ、嫌だなあソレ。