若き日の肝試しその二 学校

中編2
  • 表示切替
  • 使い方

若き日の肝試しその二 学校

これは私が高校一年間の時の話。

nextpage

中学の頃の部活が合宿と言う話をきいて

nextpage

私と同じ部活だった同級生数人とで

nextpage

差し入れをもって遊びに行く事にした。

nextpage

さすかに中学に行くと部活の連中は

nextpage

自分達を先輩として敬意を表してくれ

nextpage

正直気持ちがいいものです。

nextpage

新入生も入って話も弾む

nextpage

夜になり、練習も終わると一つの部屋に

nextpage

集まって怪談話に盛り上がった。

nextpage

消灯時間になり、寝る事になりましたが

nextpage

興奮さめやらぬ私達と数人の後輩で

nextpage

深夜になったら学校で肝試しを

nextpage

する事にしました。

nextpage

深夜2時、集まったのは六名

nextpage

懐中電灯を一つだけもって恐怖を

nextpage

かきたてながら一階から順に

nextpage

まわることにしました。

nextpage

はじめは暗闇で懐中電灯一つというので

nextpage

皆かなりビビってましたが

nextpage

二階に上がる頃にはわざと隠れて

nextpage

脅かす余裕まででるようになってました。

nextpage

そして何事もなく三階まで上がって

nextpage

しばらく歩くと1人が中庭を挟んで

nextpage

真っ正面の別棟の異変に気づきました

nextpage

あれ、なんか向こうの三階の一組の廊下で

nextpage

なんか動いてねえか?

nextpage

一斉に向こうの棟の廊下に注目すると

nextpage

1人が

nextpage

確かに、なんか行ったりきたりしてる

nextpage

あそこってちょうど水のみ場のあたりじゃねえ?

nextpage

目を凝らしてみていると段々と目が慣れて

nextpage

皆も何か白い物が廊下の窓ガラス越しに

nextpage

行ったり来たりしてるのがわかった

nextpage

そして1人が懐中電灯をその方向に

nextpage

向けたとき、その場の全員が

nextpage

見てはいけないものをみてしまった。

nextpage

光のあたった白いものはなんと

nextpage

人の顔だった、いや、顔だけだったと

nextpage

いったほうが正しい!

nextpage

首や肩がなく、ただ顔だけが浮いて

nextpage

一組と二組の間を行ったり来たり

nextpage

しているのだった。

nextpage

私達は全員声もだせすしばらく

nextpage

立ち尽くしていると

nextpage

その顔はこちらへプイッと向きをかえ

あろうことか窓ガラスをすり抜け

nextpage

一直線に飛んできた、しかも

nextpage

あきらかにさっきより大きくなって

nextpage

みんな叫びながら一斉ににげた!

nextpage

しめしあわせた訳じゃないけど

nextpage

皆一斉に階段方向へ走っていき

nextpage

何段も階段を外しながらかけ降りた

nextpage

1人も踏み外して転ばなかったのが

nextpage

奇跡なくらいのスピードでかけ降りた

nextpage

もちろん誰1人として

nextpage

振り返る余裕のある奴はいなかった。

nextpage

そして一階の宿泊室として使っている

nextpage

教室に入り皆布団を頭までかぶり

nextpage

朝まで誰も何も口を開くものはいなかった。

nextpage

あの時心底、夜の学校の肝試しは

nextpage

やるもんじゃないって思いました。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
41400
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ