中編2
  • 表示切替
  • 使い方

鏡の中に

music:5

私の卒業した小学校付近は戦争当時 、空襲がひどかったらしく今でも防空壕の跡地や数年前も不発弾 などが見つかったり、戦没者の慰霊碑などが多く建てられている。

小学生の頃、部活が終わり、さぁ帰ろうとしている時に仲良しのAが

『あ!給食着がない…もしかしたら教室かも…』

と言った。

あいにく明日は休み。

週末は給食着を持ち帰り洗濯をして次の当番へ回さないといけない為 どうしても取りに行かないととの事で 、Aと仲良しのBと私の三人で恐る恐る 教室へ探しに行くことにした。

教室へ行くには階段を登り二階の踊場 を通り過ぎなければならない。

その踊場の鏡はこの学校の七不思議の一つであり、 夕方、この鏡を見るとこの世のもので はないものがうつると言われていた。

ただの迷信と言い聞かせていたが、やはり夕闇に照らされてるこの踊場は不気味というしかなかった。

 

目をつむりながら踊場を通り過ぎ急いで階段を登りやっとの思いで教室へたどり着いた。

『あ!あった!』

と給食着を持ちAの安堵する表情とは裏腹に またあの踊場を通り過ぎなければいけないのかと苦痛に思った。

すると、突然Bが、

『ねぇ、あの踊場の鏡ってさ…本当に 何かがうつるのかな?』

と言い出した 。

…おいおい、やめてくれ。とは思ったが、どっちにしろ帰るにはあの踊場を通り過ぎなければならない。

辺りは一層暗くなるばかり。

それならば早く進むしかないと意を決して教室を出て階段を降り始めた。

一段、二段と降り続け、とうとう踊場へ。

早く通り過ぎろうとするAと私とは違い 、Bは興味深くまじまじと鏡を見つめていた。

すると…

『あ…』

Bが呟き私とAも不意に鏡を見つめてしまった。

そこには、いつもと何ら変わらない情景、そして私達の強張った表情、 そして、

その横に、防空頭巾をかぶっ たモンペ姿の女の子…。

私達は、その場から動けなくなってしまった。

その女の子は、泣きそうな表情を浮かべながら私達の方へ必死に手を伸ばし 、

『…もう戦争は終わったの?』

とつぶやいた。

私達は、恐る恐る頷いた。

すると、見る見るうちに女の子は笑顔になり

『…よかった。』

と一言呟き、そのまま消えていった。

私達は歩き出し気がつくと通学路を歩いていた。 誰も一言も話さなかった。

恐怖というより切ない虚しさがこみあげていた。

戦争でたくさんの方が亡くなった。

あの女の子も恐らく犠牲者で恐怖で何十年も隠れていたのだろう。

…鏡の中に。

ふと、見上げると、戦没者の慰霊碑があった。

いつもは何とも思わず通り過ぎていて気づかなかったただの慰霊碑。

私達は誰からとも言わず、手を合わせてた。

Normal
閲覧数コメント怖い
1,0383
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

切なくなる話でした。

セルティさん
ありがとうございます。
まさにその通りで、今も戦争が終わった事に気づかずにおびえている霊がいるかもしれません。
戦争を知らない私達に出来る事はいったいなんだろう。
焦るように考えてしまいます。
鏡の中の少女の安堵した表情を私は絶対忘れません。

短編だけど何か深いものを感じました。
「戦争を忘れてはいけない、語り継がねばならない。」今まで義務教育で散々教えられてきたコトですが、改めて考えさせられました。