中編2
  • 表示切替
  • 使い方

案内人

music:5

私がまだ中学生だった時分。

就職体験の授業で通うことになった職場からの帰り道。

nextpage

当時極度の方向音痴だった私は、案の定帰路を見失い、見知らぬ住宅街で一人、行く当てもなく夜道を彷徨っていた。

友人の家が自宅と真逆の方向である為に、一緒に帰ることも叶わず、不運が手伝い、使ったことのない道に迷い込んでしまったらしい。

nextpage

どこまで進んでも同じ景色が続き、逆にどこまで引き返しても元の大通りに戻れず、完全な迷子であった。

交番や通行人の姿もなく、誰かに頼ることもできない。

道無き道を歩く気分で、行ったり来たりを繰り返していた。

nextpage

そんな時だ。

もう何度目かも分からない公園の前の道に差し掛かった時、不意に暗がりから背丈の低い、一体の人影が現れた。

近づいてみると、そこにはこちらをじっと見据える幼い少年が一人。

nextpage

こんな時間に何をしているのかとも思ったが、折角人に出会えたのだ。

幸運とばかりに彼に道を尋ねようとすると、その瞬間、いきなり走り出して、先の電信柱に止まり、こちらを向いて手招きを一つ。

nextpage

何がしたいんだと訝りながらも、少年を放っておくこともできないと思い、彼がかけて行く方向に従って着いて行く。

すると、どこからともなく車の走る音が聞こえてきた。

自然歩調が早くなり、一瞬閃光が放たれ、目が眩んだかと思うと、今度は耳元で鼓膜を破るような大きな音が一つ。

nextpage

それはクラクションの音だった。

目の前には歩行者用の信号機。

それは赤い光を放っていた。

右手には大きなトラックが一台。

後ろには一般車も続いている。

nextpage

渋滞を作っているらしい。

辺りを見回すと、そこは私が迷子になる前に居た元の大通り。

なんでいきなり飛び出してくるんだと、窓から身を乗り出したトラックの運転手が私に怒鳴る。

nextpage

少年の姿を探すが見当たらない。

何をしてるんだと怒号が聞こえ、慌てて後ろの歩道へ引き返す。

いずれ何事もなく通行は再開された。

何が起きたのかわからなかった。

nextpage

その後何事もなくうちに帰ることができた。

相当の時間をかけたような気もしたが、実際には職場を出てから一時間と経っておらず、体感よりかなり早い時間で家路に着いていた。

それ故迷子になったことを話すのが恥ずかしく、未だあの奇妙な体験を身近な人間に告白したことはない。

nextpage

後日何度か地図を頼りに、私はあの時の住宅街を探し出そうとしたが、見つけることは叶わなかった。

唯一記憶に残っていた、少年との出会いの場である公園を探したりもしたが、そんなものはどこにもなかった。

nextpage

あの少年が誰であり、何者だったのか。今となっては知る術もない。

何より私の迷い込んだ場所が何処だったのか。

それは今でも謎のままである。

Normal
閲覧数コメント怖い
7511
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

出てこれてヨカッタですね

意味は後に解ける時が来る。。‥
かも、シレマセン

たぶん。‥