おばあちゃん、最後のメッセージ

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

おばあちゃん、最後のメッセージ

ある朝、私は起きた。朝から慌ただしいな。と思いながら、渋々起きた。親の声早く着替えて。何と思ったが、これ以上親を怒らせてはいけない。下に降りた。

紀美子おばあちゃんが亡くなった。昨日の夜に…

私はびっくりした。悲しかった。明日は、お通夜。夜、眠れない。

深夜 窓もドアも閉まってるのに、風が吹いてる。何故だろう。…あっ、ドアを見た瞬間、言葉が詰まったそこには、紀美子おばあちゃんがいたのだ。紀美子おばあちゃんは、私にこう言った。早く死んでごめんなさい。カナちゃんは、長生きしてね。後、誕生日おめでとうと言って消えてった。これが最後のメッセージだった。私はそのおかげで、次の日から、立ち直れた。、私もお礼を言うよ。ありがとう

怖い話投稿:ホラーテラー ユメカさん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
19600
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ