短編1
  • 表示切替
  • 使い方

人間の賞味期限2

オカルト話しではありません。

魂のお話しです。興味のない方はスルーで。

続きです。

悪行を働いた者。自ら命を経ってしまった者には

暗黒の世界が待っています。

この世では表現のできない暗い世界です。

初めの内は誰しもがここは何処だろう…

とんでもない所に来てしまったと

後悔のドン底に堕ちるでしょう。

其の内そこから抜け出そうと歩き、走り回る。

でもどこまで行ってもひたすら暗黒。

かすかに人がいる気配や声が聞こえて来るでしょう。

目に見え出した頃には…かなり長い時間その

暗闇の世界にいるという事です。

痩せこけて泣いている者

腹が減ったと人肉にむさぼり食う者。

食われる者。

ひたすらその光景は繰り返されるのです。

又ある者は表情もなく歩き続ける

殺し合っても死なない者達。

何十年。何百年もそこにいる者。

死んで楽になると思っていては大間違いですね。

苦しみの上塗りをするだけです。

ではどうすればそこから抜け出せるのか…

自由を

本来行くべき場所を見つけられるのか…

次回お話ししたいと思います。

Normal
閲覧数コメント怖い
8392
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

薄紅さん
コメありがとうございます。
本当に人には色々あるんですよね。
続きめいた話しは又UPします。
良かったら見て下さいね。m(__)m

そんな所には行きたくないです
ちゃんと全うし、人に恥じない生涯を生きたいです