短編1
  • 表示切替
  • 使い方

オレオレ詐欺。

大学を中退し、アルバイトでどうにか食いつないでいたが、毎夜の酒盛りが祟って金が底をついた。

こうなったら恥も外聞もない。飢えて死ぬくらいなら、犯罪に手を染めたほうが幾らかマシだと思い、俺は携帯を手にした。

適当に番号を押す。

やった、繋がった!これであとは巧く騙せれば話は早いんだが…。

「もしもし」

相手が出た。声から察するに中年のおばさんてとこか。しめたと思い、「お母さん?俺だよ俺」って喋った。

勿論、電話の相手は本当の母親じゃない。俗に言う「オレオレ詐欺」というやつだ。

俺は相手の返答を待ったが、黙りこくったまま一向に喋らない。こりゃあバレたかと思って電話を切ろうとすると、相手がようやく喋った。泣くのを必死に押し殺してるような声だった。

「…息子は去年亡くなりました。あなたの声、死んだ息子にそっくりなんです。どうかもう1度だけ、お母さんと呼んで貰えないでしょうか」

俺は数秒黙ったあと、「お母さん」とだけ呟いて電話を切った。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,06700
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ