短編1
  • 表示切替
  • 使い方

2人乗り。

図書館に行った帰りのこと。

自転車に跨がったら、後ろから人が乗っかってくる気配がした。だけど誰もいない。

気のせいかと思って構わず漕いでたんだけど、どうにも重くて進まない。あんまり進まないから、こっちも苛々してきちゃって(笑)。キレ気味に言ってやった。

「タダ乗りすんじゃないよ!乗るんなら手伝って!」

そう言った途端、私が何もしていないのに凄い速さで自転車が進み、家まで着くと気配がフッと消えた。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
9030
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ