短編1
  • 表示切替
  • 使い方

自殺ビル。

私が住む町には通称「自殺ビル」と呼ばれているビルがある。

何年も前に閉鎖されたこのビルは荒れ果てており、いつからか自殺者が絶好の自殺スポットとしてよく訪れるようになっていた。

学校帰り。私は軽い暇潰しのつもりで自殺ビルに出向いた。ビルを見上げてぼんやりしていると、いつの間にか隣にサラリーマン風の男性が立っていた。

彼は黙ったまま、ジッとビルを見上げている。

嗚呼、この人も自殺ビルを見に来たのか。それとも今からこのビルで自殺を図るつもりなのだろうか…。

嫌な予感を払拭させるよう、私は男性に話し掛けてみた。

「こんにちは。このビル、自殺ビルって呼ばれてるんですよー。自殺スポットとして有名なんです。怖いですよねぇ」

すると男性は私の耳元に唇を寄せ、呟いた。

「そうですね。私は4人目だったんですが」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,4424
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

シナモンロール様。温かいコメント、ありがとうございます。

実は長編は技量がなく、書けないという体たらくでして(笑)。ついつい、短編なものばかりになってしまいました。
読んで下さる方々が少しでも楽しんで下さるのであれは幸せです。本当にありがとうございます。

これも、いいですね。
短編で怖さを表現するのは、テクニックが難しいと思いますが、非常に上手く出来ていると思います。
生意気で済みません(>_<")

作中に出てくる「私」は5人目ではありません。
「私」は軽い暇潰しのつもりでビルに来ており、たまたまサラリーマンと知り合ったのだと思います。