短編1
  • 表示切替
  • 使い方

肝試し

ある大学生グループが廃病院を訪れた。肝試しをしようということになったのだ。

はじめは意気揚々としていた彼らだったが、いざ廃病院に着くと、気が挫けてしまった。山の上に建つ廃病院は外観から見ても異様な雰囲気を放っており、不気味であったからだ。

肝試しは中止しようという話も出たのだが、ある女の子だけは「せっかく来たのにもったいない」と言い、何と彼女は1人で病院に行くことにしたのである。

懐中電灯を片手に廃病院へと入る。中も荒れ果てており、床には医療器具やカルテなどが散乱していたが、これといって変わった様子はない。彼女は1階から順に見て回り、最後は屋上へと向かった。

屋上へと来た彼女は、地上で待っている仲間に向かって「おーい。ここまで来たよー」と手を振った。

その様子を見た仲間達は悲鳴を上げた。

手を降っている彼女の背後から、何十という白い腕が伸びてきて手を振っていたからである…。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7032
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

feros様。コメントありがとうございます。

病院て、経営している所でも閉鎖されている廃病院でもゾッとしますよね。

私は入院中、どこからともなくお線香の香りがして、眠れなかったことがありましたね。

コワい! トリハダたちました。