短編1
  • 表示切替
  • 使い方

もう1人の私。

数年前のことです。

その頃、よく友人達から「昨日、○○町にいたね」と言われることがありました。

しかし私は、これまでに1度も○○町に行ったことがないのです。でもあまりにも友人達が口を揃えて言うので、初めて○○町へと行ってみることにしました。

買い物をしたり本屋に行ったりと、あちこち見て回りましたが、もう「もう1人の私」とやらは見つけることが出来ませんでした。

日も暮れかけていたし、疲れてもいたので、とりあえず今日のところは帰ろうと駅に向かって歩いていた時のことでした。

ふと歩道橋を見上げると、見覚えのある女性が私を見下ろしていました。誰だろう…と目を凝らすまでもありませんでした。

そこにいたのは…「私」でした。

服装から髪型まで、寸分の狂いもない。確かに私だったのです。

彼女は私をジッと見つめ、「おいで」と言うようにゆっくりと手招きをしました。

…それから私は、○○町には行っていません。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
8412
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

バケモノガタリ様。コメントありがとうございます。

一般的に、トッペルゲンガーを見ると死んでしまうと言いますよね。ある有名な女優さんも、街中で自分とまるっきり同じ顔をした人を見掛けたそうです。

彼女、某ドラマ内で双子役を演じられていたこともあるんですよね。今も健在されている方ですが。

恐らくドッペルゲンガーってやつでしょうね
もっと近くで会っていたら大変な事になってたかも