自衛隊に伝わる硫黄島の怪

短編1
  • 表示切替
  • 使い方

自衛隊に伝わる硫黄島の怪

第二次世界大戦中に、孤立無援の中数ヶ月に渡ってアメリカ軍との壮絶な籠城戦を行った旧日本帝国陸海軍硫黄島守備隊。

彼らの壮絶な戦いの記録は、ハリウッドでも映画化され現代の私たちにも知る範疇となりました。

nextpage

結果は長く壮絶な戦いの末にアメリカ軍の勝利に終わりますが、いまでも無念の思いの守備隊の霊が硫黄島近海に出没すると言う都市伝説があります。

海上自衛隊が所有している潜水艦は、硫黄島近海を航行する際、時々わずかに潜水艦がグラつくことがあるそうだ。

nextpage

現代の潜水艦は最新鋭の設備が搭載されており潜水艦の艦内の姿勢は注水と排水により常に水平に保たれる設計なのだそうだ。

そのような潜水艦が潜水航行中などに一瞬でもグラつくことは外から何かの衝撃が加わらない限りあり得ないそうだ。

nextpage

そう、外から、真っ暗闇の海中から誰かが潜水艦艦内に乗り込まない限りは……

Normal
閲覧数コメント怖い
1,05110
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

最新の潜水艦のレーダーでもさすがに幽霊は捉えられないですね