中編2
  • 表示切替
  • 使い方

もうい〜かい。

仲良しなIくん、Oくん、Kくん、Mくん。

4人は毎日遊んでいます。

その日は、天気がいいので4人は広大な敷地で隠れんぼをすることにしました。

鬼は鬼決めで決めました。

「鬼決め鬼決め鬼じゃないよ」

「やった〜!」

「鬼決め鬼決め鬼じゃないよ」

「わ〜い!」

「鬼決め鬼決め鬼じゃないよ」

「お〜〜!」

こうして、鬼は決まりました。

鬼は、Kくんです。

Kくんが10秒数えます。

「い〜ち、に〜い、さ〜ん、し〜」

「は〜ち、きゅ〜う、じゅう!」

「もうい〜かい?」

「ま〜だだよ」

まだ1人隠れ場所を見つけていないみたいです。

「あと10秒だけ数えるよ〜」

「い〜ち、に〜い、さ〜ん…」

「きゅ〜う、じゅう!」

「もうい〜かい?」

「もうい〜よ」

・・・・・・・・・

3人は鬼を待っています。

でもなかなか来ません。

「Kく〜ん?ここだよ〜」

OくんはKくんが来ないので少しだけヒントをあげようとしました。

普通なら返事をするはずなのに、返事が来ません。

O君は今、小屋の裏に隠れています。

後ろに、気配を感じました。

見つかってしまったのか?

そう思った時。

「ねぇ」

それは、一緒に遊んでいたM君でした。

「K、遅いよな」

「だよね。」

「そういえば、Iは?」

「なんかね、ここに来る途中にはぐれたみたい(笑)」

「そっか〜、そのうち来るよね。」

「うん。」

そう言いかけた時、Iの声が聞こえました。

「うわああああああああああ!」

「どうしたんだ!?」

「どうせ、Kに見つかったんだろ(笑)」

「そうだね(笑)(笑)」

それからしばらくしてパトカーの音が聞こえました。

警官に声をかけられました。

「君たち、何をしているんだね?」

「僕達は、友達と4人で隠れんぼをしていたんです。でも、2人がどっか行っちゃって…。1人は、鬼でもう1人は僕とM君と一緒に隠れていたんです。」

「その1人ってこの子かね?」

警官の指をさした場所には….

Iくんが倒れていました。

「でも、もう1人は..?」

「見つかってないんですよ。」

それから数日。I君はなくなりました。

そして、また他の友達Y君、U君とM君とO君はそこで隠れんぼをしました。

楽しく遊んでいた笑い声は一瞬にして無くなりました。

4人は行方不明になってしまったのでした・・。

それからそこで遊ぶ子供達は

「もうい〜かい」

という声に脅かされるのです。

なぜかって?

結局K君は遺体で発見されたからです。

そして、今日もK君の声は敷地内に響き渡ります。

「もうい〜かい。」

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
7282
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

⬇それはそれで怖いな…

Kは死んでたのに皆と遊んでたって事ですか?