短編1
  • 表示切替
  • 使い方

高給バイト

過去話。

『こういうバイトがあるんだよ!日給六万五千円で!』

大学で、たまに話す程度の奴が言った。

『そうなの?そんなん危ねぇじゃん。やめとけやめとけ』

俺は言った。

後日、バイトをした友達から内容を聞いた。

内容は、【〇〇駅前の薬局で五、六分いて店を出る。バイト先に指定された番号に、最低三回は電話する。指定された〇〇駅から電車に乗り、二つ目の駅で降りる。夕方の四時から一時間、指定された住宅街の指定された電信柱付近にいる。】

多分まだあったけど、内容は俺が忘れたけど。

バイトを終えた彼が何日かして、みんな(俺を含む)に話してた。

警察や彼の田舎に連絡もした。

それからは知らない。

彼が突然消えたから。

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1830
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ