中編2
  • 表示切替
  • 使い方

なにかがいる。

music:1

これは現在も住んでいる

私の“家”についてのお話です

今から10年ほど前

家族4人で今住んでいる家に

引っ越してきました

私は新しいお家(3階建て)ということで

とても嬉しかったです

越して来てから3年ほどが経ちました

そして家をリフォームしたのです

私の父、その親戚が建築家ということもあり

一階にあるリビングを少し広くしました

このリフォームが

今思えば【仇】となったのかも知れません

リフォームしてから

世に言う“怪奇現象”というものが

どんどん起こりました

例えば

階段を上がり下りはもちろんのこと…

風もないのにドアがしまる…

玄関のドアが開いたり

物が勝手に落ちたり

電気系のもの(PCやテレビなど)は壊れやすかったですね

そのなかでも私が体験した

1番怖かった話を少しだけ…

私には自分の部屋が3階あり

夜はそこで1人で寝ていました

しかし視線を感じ

深夜に起きてしまう。ということが

しょっちゅうありました

ところがある夜

金縛り(人生初の)にあったんです

私の場合は目が開けれて

お腹の上に60㌔くらいの人を

乗せてるような重さでした

ですが

眠たさの方が勝ってしまい

すぐ寝てしまったようなんです

まぁこんな風な怪奇現象が多々ありました

しかし

私の家族(私も含め)あほなんですかね

全員上記のような体験をしてるにも関わらず

『気のせいだ。』

と全員が思っていて

誰1人その話をしなかったんです

そしてある日

私『なんか最近(ラップ)音大きくなってるわー』

母『あれ、まさかあんたも聞こえてるの…?』

私が口を滑らしたところ

母と分かり合ってしまい…

家族全員が怪奇現象を

体験しているということが

発覚しました

しかも

家で撮った一枚の写真に

いろんな人が写ってしまっていて…

心霊写真ですよね

それを乗っけてるサイトがあるので

解説の方にURLを貼っとくので良かったら

流石に

家で心霊写真はやばいだろ

となった私たちは

霊媒師さんを呼ぶことを

決心しました

霊媒師さんが仰るに

私たちの住んでいる家は

【霊道】…霊が通る道

があったらしい

霊は時速60㌔で移動するとされていて

その反動で

物が落ちたり

ドアが閉まったり

するらしい

自縛霊はいないそうなので

安心した

その霊媒師さんは

私の家に結界をはってくれたそうだが

まだ怪奇現象は続いている

打っている今も実は…

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
80650
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

宵子様≫読んで下さりありがとうございました。写真まで、
いやー親子じゃないんですよ笑 私が真ん中であとは私のお友達です笑

ですよね。わたしは京都に住んでいるので(しかも新撰組のあたり)なのでしょうがない

お写真拝見いたしました。美人親子さんですね(^^)
食器棚に映っている逆さの女の人かな?

霊道は仕方ないんですよね……うちも通っているそうで、色々やりますが。
霊媒師さんや神社さん、拝み屋さんを読んで結界を張っても、道をずらして貰っても。
結界をすり抜けちゃう人もいれば、道も少ししたら元に戻っちゃうらしいです。

下手にそう言う方を読んで、お金出して怖い真実を聞く位なら……と私は何もしなくなりました。
風通しだけ良くして、空気が重い時はお香を焚く位です。

気にしなれば、通りすがりさんは怖くない怖くない…かも?(笑)

死ん様≫読んで下さりありがとうございました。 そーいうことになりますね

匿名様≫読んで下さりありがとうございました。とてもにぎやかです 時々怖いですが

その霊媒師はインチキだったってことだな