「あなたの部屋で、人が死んでいる」(コピペ)

中編3
  • 表示切替
  • 使い方

「あなたの部屋で、人が死んでいる」(コピペ)

ネットでニュースを見ていたらあまりにもタイムリーな事件があり、思わず投稿してしまいました。(コピペです。こういう投稿はあまりやらないのでよく解らなかったのですが、問題がある場合はすぐに削除します)

なんだか読んでるだけで怖くなってきたのですが、自分だけですかね?

━━

奇妙な事件だ。なにしろ話が迷路のように入り組み、新聞記事を一読しただけでは、いったい誰が死んだのかさえよくわからない。

「2013年6月26日夜、大阪府堺市の市営団地で、46歳の男性が首を吊って亡くなっているのが見つかった」――ここまでは、まあ珍しくもない話だ。ところが死んだ男性は部屋の主ではなく、本来の住人であるはずの男性(21)は連絡が取れない状態だという。

しかも当時、なぜか現場にはもう一人の「見知らぬ男」がおり、なおかつ発見直後に姿を消してしまった。さらに、部屋に遺体があることを親族に伝えた「関東弁の男」の存在も確認されている。遺体発見をめぐる状況にも不可解な点が多く、ミステリー小説も顔負けの状況だ。

大仙古墳のほど近く、市営団地の一角が現場

警察、また各種報道の情報を元に、状況を確認していこう。

現場は大阪市堺市堺区、かの有名な大仙古墳にもほど近い。辺りには大型の市営団地が複数建ち並んでおり、遺体が発見されたのはそんな市営住宅の一棟、10階の部屋だった。

 

nextpage

次は関係者だ。なにしろ人数が多く、話も入り組んでいるので、まずは人物を箇条書きで説明する。

●●●

A:46歳。26日夜にBの部屋で、遺体で発見される。

B:21歳。Aが発見された部屋の本来の住人。28日時点で連絡取れず。

C:Bの母親。Aとは顔見知りだという。

D:Cの内縁の夫。Bから「死体」の話を最初に聞く。

E:Cの娘。Bの姉に当たる。

F:24歳。Eの夫、Bの義兄。遺体を見つけ警察に通報する。

G:Fの会社の同僚。Fとともに遺体を発見する。

H:40代。Aの遺体をFが発見した際に部屋にいた。通報後、姿を消す。

●●●

部屋の住人Bの元に「関東弁の男」から26日、奇妙な電話がかかってきたことが事件の発端だ。

「あなたの部屋で、人が死んでいる」

自分の部屋のことだから、普通なら飛んでいって確認するだろう。ところがBはそれをせず、母親であるCの一家に相談した。

ところが相談を受けたC一家も、なかなか部屋に行こうとしなかった。ちょうど伝言ゲームのように、BからD、DからC、Cから娘のE、そしてEから夫のFに、「死体」話はたらいまわしに。最終的にFが、同僚であるGを伴い、Bの部屋に赴くことになった。

「確かにこの部屋に、死体がある」

夜11時ごろ、GとFが部屋のチャイムを鳴らすと、見知らぬ男Hが顔を出した。年齢は40代くらいと見られる。Gらが電話の件を話すと、

「確かにこの部屋に、死体がある」

と部屋に招き入れた。Gらが確認すると、カーテンレールに電気コードを引っ掛け、上半身裸のAが死んでいる。慌ててGらは警察に通報したのが、その間にHは姿を消してしまった。

 

nextpage

この話、奇妙な点がいくつもある。まず、遺体で見つかったAはなぜ赤の他人のBの部屋にいたのか。テレビ朝日の取材にCが答えたところでは、

「AはCの『昔からの友達』で、今回はC一家がBの部屋に引っ越すため、その手伝いに駆りだされ、前日からBの部屋に泊まりこんでいた」

のだという。ではHは何者なのかという話になるが、これはCにもわからない様子だ。

また、Bに「死体」の話を最初に伝えた「関東弁の男」は何者なのだろうか。行方不明のH、という可能性も指摘されているが、定かではない。

カギを握っていそうな部屋の主・Bは、現在連絡が取れない状態だという。Cは「向こうから電話はかかってくるが、こちらからの電話には出ない」とテレビ朝日の取材に説明した。

C一家の中での「たらい回し」の件、消えたBとHの行方など、謎が余りにも多いことから、警察は、事件と自殺の双方から調べを進めているという。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,4088
4
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

関東弁(関東ことば、関東訛り)と標準語は違います。そんな事も知らないのでしょうか。

関東弁。標準語でいいのでは?

関東弁て、なんだ?

不思議ていうか、不可解というか。
解決するんだろうか…したらいいな。
単純に行くと、Hさんが犯人か幽霊?

他殺でしょうね←
変な家族…

不可解すぎる事件ですね…でも自殺に見せかけた他殺にしか思えません。

これは…
他殺か!!←

ちょっと掲載元の記事だけじゃ解りにくいかもしれないので時系列でまとめたものを探してきました

1 住人(B)の元へ謎の関東弁の男から「あなたの部屋で人が死んでいる」と電話がある。
2 住人(B)は、自分で確認には行かず、母親(C)の家へ電話
3 電話を取ったのは住人(B)の母親(C)の内縁の夫(D)。(B)は死体の件を伝える。
4 電話を受けた(D)は、住人の母親(C)へ報告。
5 母親(C)は、娘の(E)《住人Bの姉でもある》へ、連絡。
6 娘の(E)は、夫の(F)にそのことを伝える。
7 話を聞いた(F)《住人Bの義兄でもある》は、(F)の同僚である(G)と一緒に、死体のある(B)の家へと行く。
8 チャイム押して(B)の家から出て来たのが、見知らぬ40代男性(H)だった。
9 (F)たちが事件のことを話すと、(H)は「たしかに死体があると言って、(F)たちを家にあげる。
10  部屋にあったのが(A)の死体。
11  あわてて通報。いつの間にか部屋にいたはずの(H)の姿が消えていた。

2~6までの流れは「怖いからあんた確認してきて!」「嫌だよ。誰か他の人に頼んでみる」ってのの繰り返しだそうです。