短編2
  • 表示切替
  • 使い方

予兆

これは、二年前の夏も終わろうとしていた時の事です。

私は、実家にある旧家の二階に一人で暮らしているので、夜中に仕事から帰ると使用していない一階の広い畳の部屋は真っ暗闇。

自分の家でも二階に行く時は、携帯電話の光を懐中電灯代わりに付けて廊下を進むほどです。

そんな状況なので、玄関と廊下に人感センサーの電灯を付けました。

wallpaper:202

家に帰り入口の引き戸を開けると玄関の電灯がつき、足元に鏡が落ちているのが見えました。

壁に掛けてあった大きめの姿見です。

疲れていたのもあって、その時は明日片付けるかと思いながら、すぐに寝てしまいました。

翌日、鏡の掛かっていた壁を見て改めて驚きました。

昔ながらの土壁に釘で頑丈に打ち付けてあったのです。数ヶ月前にあったあの巨大な地震でもびくともしない位。

大の大人がぶらさがりでもしない限りあんな状態にはならない・・・。

nextpage

それから二日後。

wallpaper:201

夜中にトイレに行くため、携帯を懐中電灯代わりに付け一階の奥にあるトイレに向かいました。

便座に座り、携帯のゲームを始めました。

nextpage

しばらくゲームに熱中していたら、目の前にある扉が

sound:14

ドンッ!!

shake

ん⁈

明らかに目線の高さの位置を人が叩いた音がしました。

nextpage

とっさに、鍵を掛け頭の中を整理しました。

親がトイレの電気が付きっぱなしなのを見て、中で寝てるんじゃないかと起こしにきたんじゃないか?

そういえば小さい時に夢遊病で、気づいたら台所やトイレで寝ていたと聞いた事がある。

いや、誰かが来たのなら玄関や廊下のセンサーが反応して電灯がつくはず。

wallpaper:202

そっと扉を開けると暗闇だけが広がっていました。

wallpaper:472

sound:19

nextpage

それから数日後、

子供の頃からお世話になっていた親戚のおばあちゃんが亡くなりました。

もしかしたらあの不思議な出来事は、最期に何かを伝えにきていたのかもしれません。

Normal
閲覧数コメント怖い
7464
1
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

怖魂さん
今は、何も起きてないから大丈夫ですよ。

バケモノガタリさん
あの時、開けていたらどうなったか・・・
今でもトイレ入ると考えてしまいます。

ずいぶん怖いところに住んでますね。

扉を叩いたのは一体なんだったんでしょうね・・・
すぐに開けた方が良かったのかな?