短編2
  • 表示切替
  • 使い方

Skype

wallpaper:3

昨日引越しが終わったので。

自分は、自分の3人前に事故があったという物件に(後からわかった)、住んいた。

入居の際、感覚的になんとなく変だな、とは思ったけれど

内装も綺麗にリフォームされていたし、都内なのに比較的安かったので、すぐに契約した。

何事も無く、半年が過ぎた。

昨年11月頃、一人で部屋飲みしながら遠距離の彼女とスカイプをやってた時、

彼女が

「後ろにいるの誰?友達?」

って聞いてきた。

びっくりして振り向いたけれど誰もいない。

でも彼女は、スカイプ画面に映る俺の部屋の、

後ろの南側窓のところにTシャツ姿の男が後ろ向きで立っていると言っている。

ふざけているのかと思った。

翌日夜、ためしに大学時代の友人にスカイプ入れてみた。

友人には、なにも告げずに話していたけれど、特になんの指摘もされず、

やっぱり彼女の気のせいだったのかな、と思いかけた頃、

「おまえ、部屋にいる友達か誰かの笑い声なんとかしろよ、一緒に飲んでるのかよ?」

と言われ、

「え・・?」

となった。

テレビもつけていず、部屋は無音のはずなのに。

何度かそんなことが続いて気味が悪かったけれど、

自分には特別害が及ぶこともなかったので、

そのまま住み続けていた。

しかし今年4月、帰宅後ユニットバスに入ろうと、バスのドアを開けた途端、

突然見知らぬ男が飛び出してきて、部屋を突っ切って窓際までいくと、

後ろ向きのまま大笑いしだしてサッシをガタガタ揺らし始めた。

恐怖で立ちすくんでいるうちに、突然みえなくなったけれど、気のせいだとは思えなかった。

あまりにも怖かったので、その夜はネットカフェに泊まり、

翌日不動産屋を追求してみたら、以前硫化水素自殺があった部屋だったそうだ。

死んだのは大学生の男。

こんなことってほんとうにあるんだ

っていうのが正直な気持ち。

今度引っ越してきたこの部屋では、なにもないことを願いたい。

Normal
閲覧数コメント怖い
1,1975
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

自殺したくせに大笑いして飛び出してくるとは、幽霊の癖にふてぇ野郎だ!
でも笑える。

住居不法侵入だ

引っ越す時は携帯で写真とって何も写ってなかったら引っ越す。
気休めだけども。

怖いなあ