中編5
  • 表示切替
  • 使い方

体験談

今から話すことは、自分の身に起きた最も怖かった思い出だ。

信じてくれなくとも構わない。

俺自身、こうして文字に起こすことで少しでも気分を紛らわせようとしているだけだから。

...この言い方で勘付いた方もいるかもしれないが、これはつい最近起きた出来事だ。

nextpage

wallpaper:218

俺は今、小学校で教員をやっている。ここで3箇所目だから、まだまだ教員歴はそう長くない。

つい先月のこと、夏休み前の遠足として5年生達と近所の山に登山にいった時のことだった。

近所の山といえど、子供だと泊りがけでないと登頂できないような、割と大きな山だ。(残念だが場所が特定されないように県と山名は言えない)

nextpage

wallpaper:498

ところで、私は怖い話が好きだ。読むのも好きだが、話す方が特に好きで、前の学校では良く子供達と怖い話をしてた。(これのせいで親からクレームが飛んできて校長にこっぴどく怒られたのは内緒だ)

そんな話を子供達にしていたら、5年生のあるクラスが聞きたいと言ってうるさかったから、この登山の夜に披露することになってしまった(俺としては楽しみだったが)。

この時断っていれば

あんな思いはせずに済んだのに

nextpage

wallpaper:85

遠足前日、俺は登山をしたことがなかったから、柄にもなくワクワクして眠れなかったw

その日は珍しく蒸し暑い夜だったと記憶している。ようやく寝付いたのは夜の2時くらいだった。

その夜、俺は奇妙な夢を見た。

nextpage

夢の内容はこうだ

山の中で、女の子を上から見下ろしていた。(どっちかというと、自分は宙に浮いている感じだった)

おかっぱ頭で赤いワンピースの子だったから、今思えば絵に書いた様な悪夢だったかもしれない。

不思議と女の子は怖くは無かった。その子は道に迷っている感じで、何かを探しているようだった。しばらく山中を彷徨ったあと、女の子は首の無い男と出会う。コートのようなものを着ているのに、首から上がすっぱり無くなってるのね。

nextpage

流石にここら辺で怖くなってきた。首なし男が、女の子(俺)の方に近寄ってくる。よくみると、コートが乾いた血で汚れてんの。得体のしれない恐怖が一気に襲ってきた。なんかやばいものを見ちゃっているような感じになって、いつもの悪夢を覚ますおまじないを始めた。(と言っても、覚めろ、覚めろって繰り返すだけだけど)

始めた途端、夢から一気に覚めそうになって、すごい安心したんだ。

でも、次の瞬間。

心臓が凍った

nextpage

女の子が一瞬で振り向いた。こっちを睨んでる。顔は白いのに唇は真っ赤で、その対比はくっきり目に焼き付いてる。おまじないを始めた途端、こっちに気づいたから、これはやばいと思った。

そしたら、コートの男が走ってくる!

すごい勢いで迫ってきて思わず叫んだ。その勢いで起きたんだが、どうも体が重い。時間はいつも起きる6時を指していた。

nextpage

wallpaper:21

嫌な汗をかいたから、キッチンに行って水を一杯のもうとした。

視界の端に赤いものが映った。

心臓に悪いったらありゃしない。

それはなんてことはない、赤いハンカチだった。それこそ、血のように真っ赤だった。

でも、あれ?っと思った瞬間に消えてしまった。だから特に気にはしなかったんだ。見間違いかなって。

nextpage

wallpaper:156

んで、話はまだ続くんだ。

その日は快晴。気持ちよく登山を楽しんだ。

そして問題の夜になった。

5年生だから、消灯は10時にしてるんだが、その時はもう9:30くらいだった。

そろそろかな...と思っていたら、トントンっと俺の部屋の扉を叩く音がした。

nextpage

「はいよー」

と言いながら俺が扉に向かった時、何ともいいタイミングでブレーカーが落ちやがった。きゃあきゃあ言ってる子供達に扉を開けてやり、部屋のブレーカーを見てみたが、特に問題はなかった。

おかしいと思いつつ、子供達も待っていることだし、雰囲気を出しつつ怖い話をしようと決めた。

「きてないやつはいるかー?」

とりあえず確認。

「全員集まってまーす」

という返事が暗闇から聞こえ、よしと言ってからいくつか注意をした。

俺が話している時は喋らないこと。

怖くなったら、自由に出て行っていいこと。

そして何より親には秘密にすること(これは切実だったw)

nextpage

怖すぎてもいけないと思って、昨日見た夢を脚色していい感じの怖い話を作った。子供相手なら多少の矛盾は雰囲気で押し切れる。

知らないうちに話に力が入り、俺は喋りっぱなしだった。

相変わらずの暗闇にも慣れ、子供達の興奮した息づかいが聞こえてくる。

話もクライマックスに近づいたとき、窓から風が入ってきた。

この季節とは思えないほど冷たい風だった。

さっき窓は閉めたはずなんだが...。

まあいい。話が重要だ。

nextpage

俺は約20分かけて熱弁をふるい、なんとか10時前に子供達を部屋から出した。

相変わらず電気はこない...。

まあ、山だからこんなこともあるか、くらいにしか思っていなかった。

楽しい遠足の夜を終え、満足して俺は眠りについた。

特に変な夢は見なかった。

nextpage

wallpaper:23

翌朝、生徒や先生達の話を聞いて、俺心臓が止まるかと思った。

曰く、

「昨日は誰と話していたんですか?」

「○○先生、9:40からの打ち合わせなんでこなかったの?」

「怖い話聞きたかったのになぁ」

nextpage

ちょっと待て。

何かおかしい。

俺は昨日確かにお前らに......。

想像しただけで全身の毛が逆立つ。

暗闇の中で俺が怖い話を聞かせたのは誰だったのか。

あの20分間だけは絶対に忘れられない。

nextpage

wallpaper:105

この話には後日談がある。

正確には翌日だがw

俺は山頂付近に寺を発見し、掃除中だった住職に一部始終を説明した。

あの住職の青ざめた顔も未だに忘れられない。

簡単なお祓いをしてもらい。清め塩を紙に包んでもらった。

nextpage

話によれば、山で死んだ子供の霊がたまに出るらしい。よく見られるのは、おかっぱ頭の赤いワンピース着た女の子らしい。

霊にあったものは大抵相手が子供で一人でも、連れていかれてしまうらしい。

そういえば、あの時の「全員集まってまーす」とはどういう意味だったのだろう。想像したくもない。

無事俺たちは登山を終え、学校に向かった。情けないが俺としては一刻も早く逃げたかった。

nextpage

wallpaper:485

山を降り、最後尾でバスに乗り込むとき、確かに聞こえた。

「...マタアソボ」

Normal
閲覧数コメント怖い
3,04713
25
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

なしゅさん、コメントありがとうございます
返信が大変遅れまして申し訳ないです

【山口敏太郎2013年7月怖話アワード動画書評より】

これもまた良いですよね。
山で、しかも子供、しかも人間と思っていたのが霊という、僕はこうゆうのをシックスセンスパターンと呼ばせてもらっているのですが非常にこの流れはいいですね。僕はボーイスカウト運動をやっていたんで、よく山とか長期キャンプとかやって非常に不可解なこととかも体験しているので、これもまた身近に感じる怖い話ですよね。

他の作品の書評はこちら
http://blog.kowabana.jp/118

不気味だ
怖い

shubrand@nさん
コメントありがとうございます
そうですね!
でも怖い話は冷静に楽しめるのがベストではないかなーなどと考えております(笑)

電気を消して怖い話をしているとき、気付いたら人数が1人多い、というのは時々聞きますが
全員ですか!
世の中には不思議なことがいっぱいあります
そしてボクはどちらかといえば信じる派ですが
いかんせん体験したことがない
なので、どこかであった不思議な話、止まりになってしまいます
一度でも体験すればすべての実話に対する感じ方もまた違ったものになるはず
と常々思ってます

ヒンナさん
コメントありがとうございます
楽しんで頂けたようで嬉しいです

これは怖い…
誰もいないのに話してる
興奮した息遣い
考えると怖い…

鷹司さん
コメントありがとうございます
そう言って頂けると、まさに感無量です(笑)

すごく怖かった…
ダレソカレさんの怖い話もっと聞きたいです。
これからの投稿も楽しみにしています。

バケモノガタリさん
コメントありがとうございます
さて、1クラス分の人数として違和感を感じなかったとしたら......

全員とはどれ位集まっていたのだろうか
いや、知らない方がいいのかな

心霊大好きさん
読み飛ばすだけでなく、考えていただき嬉しいです
なるべく早く投稿したいと思います

匿名さん
的確なアドバイス、ありがとうございます
確かに、それはそうですね(笑)
でも主人公のように生還している人もいるわけですので、そこは怖い話のスパイスだと思っていただきたいですm(._.)m

自分は凄い好きなタイプのお話しでした。自分も同じ体験したらと思うと、ゾッとしました。次回作も楽しみにしてます。