中編3
  • 表示切替
  • 使い方

私の恋人候補たち

wallpaper:127

私は先週からある男から熱烈なアプローチを受けている。

以下はメールのやりとりを記載したものである。

nextpage

19:24

男「今日面接だったんだ!!!つかれたぁインターン受かるといいなぁ..」

20:19

私「お疲れ様!受かってるといいね!」

20:19

男「メールきたぁありがとう!!なんかあったかと心配したよ!!応援してくれてるなんて嬉しいな!もっと頑張るね!!今度、どっか映画でも見に行かない?アクションとか好き?」

20:48

男「もしもーし^^」

22:07

私「ごめんごめん。アクション好きだよ!映画ずっと見てないしいいね」

22:08

男「ほんとに???嬉しいな(^3^)-☆じゃ明日の12:00にいつものとこね!」

22:35

私「ちょっと待って..明日で決まり?いつものとこって???」

22:37

男「わかんない??前回食事したとこだよ(><)あのレストランの前だよ!」

23:05

男「もしもーし^^」

23:18

男「寝たのかな??」

23:25

私「あぁあそこね!でも明日はきついかなぁ...」

23:25

男「ほんとに???てってか心配したよ!!こんなに俺を心配させるレディは君が初めてだよぅ」

この後私はメールを送りませんでした。

nextpage

―――次の日。

私は休日ということもあり、昼に近い時間に起きました。

なぜか胸騒ぎがします。

スマホが視界に入りました。

点灯ランプがチカチカしています。

nextpage

つけてみると...

着信2件

メール3通

nextpage

23:57

男「もしもーし^^」

01:46

男「夜遅くごめん。明日どうする?」

02:04

男からの電話着信

03:23

男「ごめん、無理強いしてる感じ?」

05:11

男からの電話着信

nextpage

そして.....

shake

ブーブーブーブーブーブー。

11:07

男からの電話着信。

私「もしもし?」

男「ぴいいいええええーーーー。はむはむでちゅ。心配したでちゅう。朝のちゅうー!

  なんで心配させるんでちゅか(‘3;)ママに車でちみのマンションまで送ってもらったんだよ....」

私「えっ?」

男「おうちに入れて。ぱぷー」

私「・・・」

ツーツーツー。

nextpage

―――12時間以上経った頃。

23:54

男からの電話着信。

私の父「もしもし?」

男「あれ?声変わりしたでちゅか?ダンディなのも可愛いでちゅ~~~。ハムハムッ^^もぉ食べちゃいたいっ」

私の父「・・・」

男「あれ?電話つながってるでちゅか?今マンションの前にいるんでちゅよ」

私の父「おい、警察呼ぶぞ」

男「けいちゃつ?って何?おいしい?」

ツーツーツー。

nextpage

23:56

男からの電話着信。

私の母「Hello?」

男「Wow, you've got to be kidding me! I didn' t know that you could speak English! Your pronunciation is really great. Bloody hell...」

私の母「Fuck off, asshole.」

男「てへぺろ☆」

私の母「Who are you, anyway?」

男「Totto-(yokose)-hum*taro. yokose is my middlename. HUM HUM」

ツーツーツー。

nextpage

24:02

男からの着信。

?「・・・」

男「今もう22階に着いたでちゅよーわーキレー」

?「・・・」

男「聞こえて間中華?無口なのもVERY CUTEでちゅね。」

?「ワンッ」

男「犬のものまねも上手いんでちゅか!?多才でちゅーーーおぱちぱちッ」

?「Grrrrrrr.....」

ツーツーツー。

nextpage

24:02

男からの着信。

私「もしもし...?」

男「今ドアの前にいるでちゅ。ふふふ」

ピンポーン

私「・・・」

男「あれでないでちゅか???あれ、あれあれれれれ???」

ドンドンドンドンドンドンッ

ツーツーツー。

nextpage

男「あ、住所間違えた。」

Normal
閲覧数コメント怖い
1,64330
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

怖い話…なのかな?
最後はどう言う事になったんだろう?

ストーカー気味な変態男に付き纏われる女の子が、その男性に対してハッキリした態度を取らないので調子に乗らせてしまい、家まで押しかけてきたって事?

なにこれ?

戦慄の恐怖を味わってください。
目が冴えること間違いなしです。