短編1
  • 表示切替
  • 使い方

ホテルで

wallpaper:4

ある日のこと、俺はいつものように会社員のみんなと一緒に酒を飲んでいた。

そしてベロンベロンになったあと、その日は五階建てのビジネスホテルに泊まることにした。

俺はフラフラとした足取りで受付をすませたあと、割り当てられた五階の部屋へと向かった。

部屋に着くや否や、睡魔が俺を襲い、俺はズボンを脱いだまま着替えずに寝てしまった。

夜の二時ぐらいだろうか。突然、天井のほうから

「ドンドン、ドンドン」

と音が聞こえた。

「ドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドンドン」

うるせーなぁ。ゆっくり寝かせろよ。

上の階からか?まったく、何をしているのやら…。

俺は気にせず再び眠りに入った。

翌朝。俺はカウンターの人に、

「夜中、上の階から音が鳴っていてうるさかったですよ」

と言った。

するとカウンターの人は青ざめた顔をして何も答えなかった。

何なんだ、一体。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
60100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ