中編3
  • 表示切替
  • 使い方

見えるから(後日談)。

母親は愛さんの言葉を聞くなり、一笑に臥した。

電話口からは呆れたような口調で「あんた、何言ってんの」と母親が言う。

愛さんは仕方なく、先程の男性から聞いた話を洗いざらい話した。母親は黙って話を聞くには聞いたが、「曰わくとか謂われなんて聞いたことない」とキッパリ言い切った。

何だか釈然としないまま、愛さんは電話を切った。もうこれ以上は母親に聞いても意味がないことは分かったからだ。

モヤモヤとした気持ちのまま、愛さんは最寄り駅に到着した。荷物が多かったので、タクシーを拾って実家へと帰った。

「ただいま」

半年ぶりになる実家の敷居をまたぐと、母親が出迎えてくれた。挨拶もそこそこリビングに行くと、長い黒髪の女性がソファーに腰掛けていた。

「愛ちゃん、お帰り」

「えっちゃん!来てたんだ!」

えっちゃんこと絵里香さんは愛さんの従姉妹にあたる。愛さんよりも5つ年上で、今は地元の製菓会社にに勤めている。2人は物心ついた時から仲がよく、頻繁に連絡を取る仲だった。

今日は愛さんが帰省すると聞いて、有給を取って遊びに来たらしい。

愛さんは向かいのソファーに腰を下ろすと、例の三面鏡に纏わる話を絵里香さんに聞かせた。勿論、新幹線の中で会った男性の話も全て含めて。

絵里香さんは話の中盤辺りから眉間に皺を寄せ、難しい表情で聞いていた。そして愛さんが全て話終えると、やや身を乗り出し、固い声で言った。

「その三面鏡……愛ちゃんが持ってたなんて知らなかった。手放した方がいいよ。でもヘタに棄てたり売り払ったりしちゃ駄目。私の家に送って貰える?」

「な、何で?あの三面鏡って、一体何なの?」

不安を覚えた愛さんが聞くと、絵里香さんは固い声のまま、話し始めた。

「私がまだ小さかった時、おばあちゃんから聞いたことがあるの。あの三面鏡は、代々うちの家計に伝わる物なんだけど、幽霊が映るって言われてるの。門外不出の品で、一族以外の人間は触ってはいけない決まりになってるの。だから処分もままならなくてね。おばあちゃんは大事にしてたみたいだけど…でも、親戚中、あの三面鏡を気味悪がっててね。

おばあちゃんが亡くなってから、誰があの三面鏡を引き取ったのか知らなかったけど…愛ちゃんだったんだね。

愛ちゃんがどうしても手放したくないなら無理にとは言わないけど。でももし、あの三面鏡がいらないなら、私の家に送って。知り合いに霊能者がいるから、その人にどうしたらいいか聞いてみるよ」

「どうする?」と聞かれたが、愛さんの答えは決まっていた。

「いらない!幽霊が映る三面鏡なんているわけないじゃん!えっちゃんに送る!」

愛さんは予定より早く実家から帰省し、アパートに帰ってくるなり三面鏡を絵里香さんの元に送る手続きを取ったという。

その後、あの三面鏡がどうなったかは知らない。

絵里香さんに連絡すれば分かることだが、別に知りたくもない。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,6386
3
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ぴ~にゃ様。コメントありがとうございます。

そうですね、鏡は怖いです。古来より鏡を用いた呪術や占いなども多く活用されており、人間とは切っても切れぬ縁を持っていた鏡……。

鏡は決して偽りを映しません。あるがままの現実を残酷なまでに映すから……怖いです。

鏡は怖いです

現実とあの世をつなぐ様な気がします
三面鏡なんて怖すぎます
普段使いもしたくありません
昔からの三面鏡なんて…恐怖以外の何物でもありません
鏡は使っている人の念が込められていそうで嫌です

そして…
最近は自分の老化が如実に現れるので違う意味で恐怖の対処です(T_T)

*chocolate様。コメントありがとうございます。

続きが気になると仰って頂き、大変嬉しく思います。

本来であれば、後日談の後日談を掲載したいところなのですが、恥ずかしい話、ネタ切れで(笑)。私自身が三面鏡に纏わる霊の話を考えていませんでした。
申し訳ありません…。
ネタがまとまり次第、三面鏡についての話を掲載するやもしれません。その時はまた宜しくお願い致します。

後日談の後日談が気になります(笑)

結局、三面鏡にゎ
霊が憑いてたんでしょうか?

気になります(´・ω・`)笑

ngt kazu様。コメントありがとうございます。

鏡を通じて死者とコンタクトを取れたら……少し怖い気もしますが、実践してみたいですね。

あの世の風景とか暮らしぶりとかを聞いてみたいです。

「この世とどちらが暮らしやすいですか?」

その鏡、人によっては価値あるものなんだろうね。
あの世の人と会えたり話せたり。