短編1
  • 表示切替
  • 使い方

超高層ホテル

wallpaper:7

若い男性四人ほどが、100階建ての超高層ホテルに泊まった。

偶然な事に、その男性らの部屋は100階だった。

夜になり、「よし、めし食いに行くか」という事になり、一階までおりて夕飯を食べに行った。

wallpaper:13

食べ終わりホテルへ戻ると、エレベーターが全て故障のため止まっていた。

すぐ直るかと四人はロビーのソファで少し待っていたが、どうも直りそうにない。

wallpaper:50

筋トレも兼ね、階段で行くかって事になった。四人は階段をかけのぼっていく。

ちょうど五十階まできたところだ。

「ただのぼるだけじゃヒマだから、一階のぼるごとに怖い話をしていこう」と案が出た。そうする事にした。

怖い話をしながら、ついに九十九階まできた。あと一階だ。

「よし、俺が超とっておきの話をしよう。めちゃくちゃ怖い話だぞ。もしかしたら、トラウマになるかもしれん。・・・・よく聞けよ」

そこまで怖い話なのか。三人は期待した。

nextpage

shake

「一階に部屋の鍵を忘れた」

Normal
閲覧数コメント怖い
1,3453
2
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

その1階のどこに忘れたか知りたいわ

ある意味怖い(笑)

めっちゃ怖い話です。。。