短編1
  • 表示切替
  • 使い方

押し入れのなか

wallpaper:4

music:1

今日は僕の話を聞いてください

皆さんに取ってはどうでもいいことですが

決して、そういうことではないので

よろしくおねがいします

それは夏休みのことでした

僕は家でのんびりしていました

僕にはちょっとした霊感があり(みることは少ししかないが感じることができる)、押し入れのなかから視線を感じていました

nextpage

なんとなく嫌だったのですが、無視していました

そのうち視線もなくなっていたので安心していました

wallpaper:23

しばらくすると友達が遊びに来ました

友達とは付き合いは短いですが仲がいいYくん

でした

いつものようにカードゲームをしていました

するとまた視線を感じました

しかしそれは今までのものではないと思いました

nextpage

一気に鳥肌が立ったのがわかりました

ビックリして振り返りました

ですが何もいませんでした

ホッとして向き直ると

wallpaper:585

友達の肩に手が乗っていました

オォフ

ついYをビンタしてしまいました

手はいなくなっていましたがYくんはぶっ倒れていましたww

wallpaper:4

nextpage

それから、あまり視線は感じなくなりましたが

wallpaper:533

視線を送っていたものがはっきりとみえて

しまった僕は異常なのでしょうか? 

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
61500
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ