本当に恐ろしいのは。【姉さんシリーズ】

中編4
  • 表示切替
  • 使い方

本当に恐ろしいのは。【姉さんシリーズ】

俺には4つ年上の姉がいる。無口でクール、他人との馴れ合いを何より嫌う癖に、弟の俺には平気で馴れ合うという性癖を持つ、ちょっぴりsadisticな高校生だ。

そんな姉さんは只のブラコン姉さんではない。

「見える」のだ。怪異、アヤカシ、この世ならざるモノーーー表現は幾つもあるだろうが、1番馴染みのある言い方で表すと幽霊が。

更に言えば、見えるだけではなく簡単な御祓いくらいなら可能であるらしい。そのやり方は時に強引だと思う時もあるのだが、効果は保証する。何故そう言い切れるのかと言えば、この俺自身が今までに何度も姉さんに助けられているからだ。

ところで。急に話を変えてしまって申し訳ないが、あなたは「幽霊」という存在をどう捉えているだろうか。

人にはそれぞれ価値観というものがあるから、各自答えは違ってくるだろう。でも「怖い」と感じる人が殆どではないだろうか。俺だって怖い。生きていないという、それだけの理由で、幽霊というのは恐怖の対象だ。

だが……。最近になって生きている人間も相当怖いと感じたエピソードかある。この話には幽霊は全く登場せず、生きている人間のみで演じられる寸劇なのだが、もし興味があるなら聞いてほしい。

1ヵ月程前になる。当時、俺の住む町では連続殺人事件が多発していた。手口や凶器は同じらしく、同一犯として警察が捜査をしているが、なかなか犯人に関わる有力な情報は得られなかった。

犯人が狙うのは髪の長い女性のみ。首を絞めて気絶させた後、背中を刺して殺害。その後、女性の長い髪の毛を短く刈り取っていくというのが手口だった。

近所の小学校、中学校では毎日集団下校が徹底され、朝から何台ものパトカーがパトロールをしていたりと、町中は騒然としていた。

道端には「最近、この辺りで殺人事件が起きています」と銘打った看板が設置され、付近住民に注意を促すと共に、目撃情報の収集を行っていた。

そんなある日のこと。委員会の仕事が長引き、帰るのが遅くなってしまった。俺はなるべく急ぎ足で帰路についた。

家路までは徒歩で20分。だが、うちの近所は人気の少ない、街頭も申し訳ない程度にポツンとあるくらいで、物騒なのだ。そもそも俺は男だし、犯人の対象ではないけれど、それでも殺人犯が近くをうろついているのは怖い。普通に恐怖だ。

家の近くまで来た時だ。例の殺人犯の目撃情報を求める看板が立っていたのだが、それをジッと見つめている若い女性がいた。彼女は俺に気が付き、「こんばんは」と会釈した。

「まだ捕まっていないみたいですね」

女性は看板を見つめながら呟く。俺は急に話し掛けられたことにトキマギしながらも「そうですね」と返した。彼女は続ける。

「狭い町内なのに、どうして直ぐ捕まらないのかしら。警察は何をしてるんでしょうねぇ。捜査なんて形だけなのかしらね」

「ええまあ……。ところで、あなたも注意されたほうがいいんじゃないですか。女性の1人歩きは…その、危険ですし。物騒な事件も起きていますから」

「あら。心配して下さるの?」

そう言うと、彼女はにこりと微笑んだ。なかなか可愛らしい顔をしている。何ていうか、男の保護欲を掻き立てさせるような、そんなタイプの子だ。

何なら家まで送りましょうかと下心アリアリに提案したが、彼女は笑顔を浮かべたまま、きっぱりと首を横に振る。

「大丈夫です。私なら心配ありません。そもそも私は絶対に襲われたりしませんから」

妙に自信あり気に宣言されてしまった。どこにそんな根拠があるのだろう。空手や柔道でも習っていて、体力には自信があるのか。それとも脚力には優れていて、犯人を振り切って逃げられるのだと、そう言いたいのだろうか。単に、俺に自宅まで送られることが嫌なだけかもしれないが。

腑に落ちない表情を浮かべていると、彼女はやはりにこにこしながら、手持ちのバックを開き、中身を見せてきた。

「……うっ、」

そこに入っていたのは、夥しい量の髪の毛だった。美容室で切った客の髪の毛を全部詰め込んだような、物凄い量の髪の毛が押し込められていたのである。

彼女は固まる俺の反応を確かめた後、囁いた。

「ね……?分かったでしょう。私が襲われるなんてことありません。だって、犯人はーーー」

彼女の言葉を聞き終わらない内に、俺は駆け出していた。無我夢中で走った。怖い。怖い。怖い。怖い。頭の中がパニックになり、何にも考えられない。ひたすら走り続け、自宅に着くなり靴も脱がずに上がり込んだ。

「○¤→%ℓ$▼¥※Å■■……!」

わけの分からん悲鳴を上げながら廊下を走っていたら、風呂上がりらしく、下着姿のままの姉さんが髪の毛を拭きながら歩いていた。足がもつれ、転んでしまった俺は、這いながら姉さんの近くまで行き、その太腿にすがりついた。

「ね、姉さん…!たす、たすけ、たすけて……!」

「どうした変態。顔色が真っ青だぞ」

「い、家の近くで……さ、さ、さささ殺人犯と遭遇した……!!」

「殺人犯って、今手配中の?」

コクコクと頷く。すると姉さんは身を翻してキッチンに飛び込み、右手に包丁、左手にサランラップを持って玄関へと駆けていく。

「……ッ!ちょっと姉さん!!」

慌てて追い掛け、後ろから姉さんを羽交い締めにする。全くもう、一体何をしでかす気なんだ、この姉は!!

「離せ!近くに殺人犯がいるんだろ!?捕まえて警察に突き出してやる!!」

……下着姿で、両手に包丁とサランラップを持ったまま外に出たら、警察に捕まるのはあんたの方だよとは言えなかった。

やっぱり、生きている人間は、怖い。

Normal
閲覧数コメント怖い
5,8139
16
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

包丁でブスッ!!としてから、ラップでぐるぐるーっと止血するんでしょうか??

*chocolate様。コメントありがとうございます。

異常犯罪者の中には、殺害した人間の一部を切り取り、持ち帰ってコレクションする……という話を聞いたことがあります。何故そんなことをするのかと言えば、自分が他人の殺害に成功したという喜びから、戦利品として体の一部を切り取り、持ち帰るのだそうです。
作中に出てくる女性も、恐らくは異常犯罪者だったと思われます。

いつもありがとうございます。期待に答えられるべく全力で頑張ります。

端美豆様。コメントありがとうございます。

サランラップ……何する気なんでしょうか(笑)。私もドキドキしております(笑)。

温かいお言葉、感謝感激雨嵐です。本格的なホラーとは異なり、どこか抜けたような話ではありますが、こうしてコメントを頂くと、書いていて良かったと心底思います。

これからもsadistic姉さんを宜しくお願い致します。

死ん様。コメントありがとうございます。

コメントを読み、思わず笑ってしまいました(笑)。
姉さんの勢いでしたら、あのまま家を飛び出して犯人を捕まえて縛り上げそうですね。

後先考えず、突っ走るタイプのようですし。猪突猛進型ですよね。干支は猪でしょうか。

包丁とサランラップ...?www流石お姉さんですねwww

それにしても...女性を狙った女性の殺人犯ですか((((;゚Д゚))))確かに被害者と同性の人は疑いにくいですもんね。いやはや女は恐ろしい...

今回は笑わせていただきました(*/ェ\*)w
次も期待してますo(*´ヮ`*)o

ちょっとw
ネェサハァ〜〜ん!

乙女が!
乙女がダメだよぉ!
でも見たいよぉ〜w

弟君役得だな☆

包丁は分かる
ラップは?
拘束具?

何だろう…
ネェさんシリーズ読む度に笑えるしホッコリするのは弟君のキャラがあるからなのかな?
重くてもサラッと読めますね♪

「頭~~、あっしもお供いたします」
って、一緒に出て行ったら
意外と犯人を捕まえることができたりしてな

アンサワダット様。コメントありがとうございます。

姉さん……包丁とサランラップで何をする気だと思いますか(笑)。

姉さんのことですので、とんでもなくsadisticな捕まえ方をしそうです(笑)。全身にサランラップを巻き付けて馬乗りになり、包丁で脅す……なんていうオチを考えてみました。

まさかのオチでした(笑)姐さんは包丁とサランラップでどうしようとしたんでしょうねぇ(笑)