中編2
  • 表示切替
  • 使い方

救急外来

もう15年前ですかねぇ。

nextpage

先天性の持病を持つ長女の容態が悪く、夜中に妻と、京都市内の病院に、救急外来の夜診に訪れた時の話。

nextpage

長女が診察中、私は、コーヒーでも買おうと、地下にある売店に足を運んだ、深夜に売店が開いているわけも無く、自販機コーナーで品定めをしていた。

nextpage

すると、奥の廊下から、コッ コッとハイヒールの足音が聞こえてきた

nextpage

ふと、その音のする方へ目をやると、わりと細めの20代の女性が、こちらに向かって歩いて来るのが見えた。

nextpage

準夜開けの看護婦さんぽい。

nextpage

別に気にする事無く、自販機にコインを投入、ボタンを押した。

nextpage

取り出し口より缶コーヒーをつかみ取り そうだ、妻の分も買って行こうと、再度コインを投入しようとした時

nextpage

その女性の方が私の後ろに立った

nextpage

財布から小銭を取り出す音が聞こえた

nextpage

この人もジュースかコーヒーを買おうとしているのが嫌でも判った。

nextpage

早くしないと と、思い慌てたせいか、違うボタンを押してしまい、飲みたくも無い炭酸飲料が出てきた。

nextpage

あ~あぁって感じ。

nextpage

ぐずぐずしてる奴だと思われるのが嫌な為、気だけが焦り早くもう1本買おうと、ボタンを押し缶コーヒーを取り出し、振り返ると、そこには誰も居ないんです。

nextpage

ええぇぇ~今後ろに居て、小銭の音もしてたやん?

nextpage

もう一度周りを確認した。

nextpage

やはり誰も居ない、錯覚じゃ無い。この廊下は今私の居る売店に通じる他道が無いのだ。

nextpage

本当なら、怖いと思い、うわぁ~ てなもんだろうが、まんまと1杯食わされた感じがした。

nextpage

この手のレベルは数多く別にどおって事は無いが、自販機のコーヒーを買う私を焦らせた事にイラッときた。

nextpage

後に私が慕うある霊能者にこの話をした。

nextpage

すると、思いがけない答えが返ってきた。

nextpage

その私の後ろに立ち、自販機で飲み物を買おうとしていたのは、紛れもなく女性の霊体で、私の体を借りてジュースを買ったらしいとの事でした。

nextpage

そう言えば、あの時、間違って炭酸飲料のボタン押したのは、私じゃ無かったのか。

nextpage

間違ってはいないんだ。だってその炭酸飲料はいらない為、取り出し口より取り出して無いんですよ。

nextpage

「まぁ女性の幽霊にジュースをおごってやったと思えば良いじゃないですか」

nextpage

と、霊能者の方に言われましたけど、

nextpage

しかし むかつく!!

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,4714
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

深夜の病院って一種の魔界なのかも知れませんね。

誤字すいません。訂正しときます。

自分の意思を操られるのが、1番苦手です(´・_・`)

その女性うまい!

ワタスもそうやって奢ってもらおうかしらw