ブザー。【姉さんシリーズ】

中編4
  • 表示切替
  • 使い方

ブザー。【姉さんシリーズ】

俺には4つ年上の姉がいる。公立高校3年生、受験シーズン真っ只中の、どこにでもいそうにない、弟であるこの俺にツンデレな姉さんだ。

そんな彼女は最近お菓子作りに凝っていて、学校から帰ってくると直ぐキッチンに直行し、エプロンをキュッと締めてスイーツ作りに没頭している。

1度、スイーツ作りに励んでいる姉さんの様子を眺めていたら、姉さんがいきなり服を脱ぎ出そうとしたので、慌てて止めた。命懸けで止めた。死に物狂いで止めた。

「何で止めるんだよ!せっかく裸エプロン姿になろうと思ったのに!」

だから止めたんだ!大体、彼氏の前でとかならともかく、弟の前で裸エプロンになろうと考える姉さんの意図が分からん。というか、そもそも普通のカップルだって、裸エプロンなんてやってるのだろうか。男の俺が言うのも何だけれど、アレ、かなり勇気がいるものだと思うけれど……。

まあ、裸エプロン云々はともかく。以前にもチラリと触れたのだが、姉さんの料理の腕前はあまり芳しくないというか……うん。ハッキリ言ってしまえば、奇妙な味がするのだ。

物凄く不味いとか、口に入れた途端に吐き出したくなるとか、流石にそんなことはないけれど。一風変わったというか……薬臭い味というか。仕上げにハーブでも仕込んでるんじゃないかというような味だ。以前、朝食用にと作ってくれたフレンチトーストも、ツンとする薬みたいな味したし。

まあ、姉さんの料理の腕前は置いといて。俺の話はどうも横道に逸れてしまいきらいがあるので、さっさと本筋に戻してしまおうと思う。本筋というか……いつものつまらない怪異絡みの体験談なのだが。

聞いて貰えるなら有り難い話しだし、聞き流して貰っても全然構わない。何も得るもののない、脈絡なしの体験談なのだけれど、もし良かったら暇潰しとして聞いてほしい。

あれはつい一昨日のこと。姉さんがスイーツの材料を買いに行くと言うので、せっかくの日曜日だというのに、俺は姉さんに付き合わされていた。付き従わされた、と言っても言い過ぎではない。

何でも、今度はちょっとばかり凝ったスイーツを作るらしく、そのためには少しばかり離れた町にある大きな店に行かなくてはならないので、この日はバスを利用することになった。

「アーモンドプードルと、グラニュー糖、それに着色料だろ。それから……」

今日購入する分の材料を指折り確認している姉さんの横で、俺はぼんやりと窓の外を眺めていた。ここ最近、土日ともなると姉さんとデートしているのだが、たまには惰眠を貪って1日中寝ていたい。

と。俺達が座っている後ろの座席からだろうか。何やらボソボソと女の人が喋っている声がした。

「お願いします…お願いします……どうかお願いします……どうかどうか…後生ですから……」

誰かと電話でもしてるのかな。切なそうに、惨めそうに、か細い声でボソボソと繰り返し呟いている。その声は暫く続いた。10分くらい続いたのかな?こう言っては大変失礼だが、その時の俺は早起きして眠たかったし、目的地のバス停に着くまで一眠りしようと思っていた時にボソボソと後ろの席で呟かれると、気になって寝付けない。

「お願いします。お願いします。どうかどうかお願いします。お願いします……」

後ろの席からはまだ聞こえてくる。あーあ、眠たいのになぁ、なんて思ったその瞬間。鼓膜が破れるような大声で後ろの席の人が叫んだ。

「お願いしますって言ってんだろーが!さっさとブザーを押しやがれ!いつまでたってもバスから降りれねぇじゃねえか!」

「ひええっ!!」

根拠はないのだが、俺自身に言われたような気がして、慌ててブザーを押してしまった。降りるバス停はまだ先だったのだが、チキンな俺は押さざるを得なかったのだ。バス内には「次で止まります」とアナウンスが流れる。

姉さんが俺の頭をひっぱたいた。手加減など微塵も感じられない、かなり強い力でだ。脳震盪を起こすかと思った。

「莫迦!何でブザー押したんだよ!まだ先だろーが、降りるバス停は!」

「だ、だって……後ろの席の人が……」

「後ろの席ィ?」

姉さんは舌打ちしながら後ろを振り返る。俺は首を伸ばして後ろを振り返った。そこには誰もおらず、空席のままだ。

「あれ…?どうして?だって、さっき確かに声が……」

そうこうしている内にバスが停車した。当然だが、他の乗客は誰も降りない。他ならぬ俺自身がブザーを押したのだから当たり前なのだが。

ガシャン、とバスのドアが開く。その時、俺達が座っている席の横を誰かが通ったような気配がした。ふわっ、と空気が流れる。

「ありがとよ」

そんな声が聞こえたような気がしたが、それは果たして気のせいだったのだろうか。

Normal
閲覧数コメント怖い
4,55713
10
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

もう一つのアカウントをみてて、大元をスルーしてしまった(;´Д`A

姉さん、裸エプロン、僕すきだわ。
ぜひ!

バスによく乗るけど、これはやだね…

死ん様。コメントありがとうございます。

私も「莫迦」はつい最近知り得たんですよ。オカルトを題材とした著名な漫画にて、ある女の子が「莫迦」と言ってまして。「馬鹿」と表現するより「莫迦」と表した方が、何となく柔らかいイメージになるかな、と思いまして。まあ、言葉が言葉だけに、柔らかいイメージも何もあったものじゃないんですけどね(笑)。

バカにも莫迦は珍しいもんだなぁ
馬鹿のほうがよく見るしな。

小魂様。コメントありがとうございます。

温かいお言葉、感謝致します。私もまた小魂様とやり取りが出来、とても嬉しく思います。

今回のミスで、心配して下さった方がたくさんいらっしゃって。色々とご迷惑お掛けしまして、大変申し訳ありません。

また頑張っていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

おお!再開なさってたんですね!
楽しみにしている姉さんシリーズがまた読めてとても嬉しいです。
前作のコメント欄で事情は伺いました。
人間誰しもミスをすることくらいありますよね^_^
くれぐれもお大事になさってください。

紫蘇様。コメントありがとうございます。

先日の退会騒ぎ、ご心配お掛けして申し訳ありません。私のうっかりミスであわや退会してしまい、慌ててアカウントを取り戻したら、今度は体調不良に見舞われ、病院に隔離されておりました。

おかえりなさいと仰って頂き、とても嬉しく思います。帰るべき場所に帰ってこられたという安堵感や安定感は、心に平穏をもたらしますね。ありがとうございます。

鴎介君、モテ期ですね(笑)。しかも相手が姉ですからね……くれぐれも間違いは起こさないで頂きたい(笑)。

桜井櫻子様。コメントありがとうございます。

おお……!その通りです。御影ねーさんが作ろうと試みたスイーツはマカロンです。よくお分かりになりましたね。もしかして、櫻子様もスイーツには通じている方なのでしょうか?

アレコレの仕入れ先……(笑)。そうですね、大人向けの 小説やら漫画やらから仕入れております(笑) 。鴎介君視点で書いていますので、出来るだけ男性の意志になりきって書いているんですが……難しい(笑)。

温かいお言葉、有り難く頂戴させて頂きます。いつもありがとうございます。

(^^)ゞGhost様。コメントありがとうございます。

初めましてですね。初めての方からコメントを頂くと、ドキドキします(笑)。

先日の退会騒ぎですが。色々とご心配をお掛け致しました。アカウントを更新しようと思って操作していましたら、うっかり削除ボタンを押してしまったんです。

温かいお言葉、感謝致します。次回も頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

おかえりなさーい♪

新作が読めて本当に嬉しいですよー!

これからも姉さんシリーズ楽しく読ませていただきます。

鴎介くんはさいきんモテ期みたいですね 笑

お帰りなさい! 言葉遊びの弟子。さん

今回もハチャメチャな姉さんがおもしろおかしかったです。
しかし、毎度のことながら、挑発行動のアレコレはどこで仕入れているのか気になります(笑)
さて、姉さんが作ろうとしていたお菓子(予想ではマカロンとみました)は無事作られたのでしょうか?

この色々妄想できる終わり方が好きです。
これからもお忙しいとは思いますが、作品を楽しみに待っています。

初めまして。

毎回楽しく読ませていただいています。

先日退会されてましたが、今回またこのように作品を読むことができ嬉しい限りです。

また新作を期待しています。
頑張って^ ^

黒崎一護様。コメントありがとうございます。

先日の退会騒ぎ、本当に申し訳ありません。詳細につきましては、「マッサージ」のコメントに載せてありますが、一口で今回の退会騒ぎを表すと、私の凡ミスです。

心配してコメントを下さった方もいらっしゃって。本当に申し訳なく思いつつ、とても有り難いと思いました。私も復帰出来て嬉しく思います。

今後とも宜しくお願い致します。

いつも楽しく?読ませてもらっています。
先日は退会会員の文字で残念な気持ちになりましたが、
こうして新作を読むことができて嬉しいです(*^^*)