中編4
  • 表示切替
  • 使い方

紅葉狩り

去年の11月頃だったと思う。

nextpage

その日は午後から予定が、無かったもんですから、紅葉の写真を撮ろうと、カメラを、持って車に乗り込んだ。

nextpage

外は、良い天気、良い写真が撮れるなぁと、思い、京都は、宇治川沿い天瀬ダム方向へ、向かった。

nextpage

ダムを左に見ながら、宇治川ラインを、滋賀県方向へ、車を走らせるが、まだ、紅葉は、いい色合いに、染まっていない感じ。

nextpage

もう少し、山の上の方なら、気温も低いので、赤く染まっていればと、思い、ナビで、良いところが無いか、調べてみた。

nextpage

丁度、滋賀県側より、宇治市へ抜ける、山越えルートが出てきた。

nextpage

ナビに従い、その道を、山の上へと、車を走らせた。

nextpage

道は、段々と細くなり、昼間だというのに薄暗く、又、対向車が来たら、離合する所が無いので、ひやひやしながら、奥へと進んだ。

nextpage

本当に、この道走って大丈夫なんだろうか、まぁ、道はアスファルトだし、ナビも道を表示しているし、行けるやろうと、思いつつ、内心かなりびびっていた。

nextpage

もう、紅葉の写真どころでは無い感じ。

nextpage

しばらくすると、道が二手に別れていて、左に行けば宇治、つまり帰る方向、右は、○○ゴルフと書いてあるので、もう少し冒険しようと、その、ゴルフ場の方へハンドルをきった。

nextpage

これもまた、道幅が狭く何かヤバイ雰囲気、車を、ターンするにも、広いヶ所が無く、おまけに登りのくねくね道、「あっちゃぁ~止めときゃ良かった」と、思いながら、進むしかない。

nextpage

メッチャ、ブルーになりながらも、ゴルフ場なんかあるのかと、思っていると、少し道幅が、広くなった。

nextpage

「よっしゃ、ここでUターンして帰ろう」と、ハンドルを切り返した。

nextpage

何とかターン出来た。

nextpage

ふと、前方を見ると、「あれぇ?」

nextpage

自分の車より30m程先に、1台の車が、道の左端に止まっている。

nextpage

1600ccクラスの白の車。

nextpage

そんなはず無い、こんな車止まってなかった、それも、私と同じ進行方向を向いている。

nextpage

バックで、ここまで上がって来たというのか?

nextpage

不思議に思いながらも、離合しなきゃ帰れないので、その車に近づいた。

nextpage

どうやら、ぎりぎり離合出来そうな感じ、その車のリヤウインドウから3人乗っているのが確認出来たし、滋賀県ナンバーだった。

nextpage

車を、右端ぎりぎりによせ、サイドミラーをたたんだ。右ボディが、木の枝で「がりがり」と音を立てる中ゆっくりその車を、抜きに入った。

nextpage

内心、「こんな所で、車こすった、などと、もめるのも、面倒だし、もし、こすって事故となってもここまで警察が来るまで何時間もかかるし、」と、思った。

nextpage

丁度、相手の運転席と自分とが、並ぶ位置に来た。「どんな奴や」と、ちらっと見た。

nextpage

運転席には、今時レーバンのサングラスをかけ、右腕をハンドルに乗せた40代の男、その手には黒い皮手袋をしていた。助手席には、女性らしき人影、良く見えなかった。

nextpage

「こいつ、アホちゃうかぁと、思いながらも、慎重に車を進めた。なにやらその男が「にやり」と、笑みを浮かべたかの様に見えた。

nextpage

「メッチャむかついた」

nextpage

小枝にこすりながらも、やっとの思い離合出来た。

nextpage

何や、こいつらはぁと、思い、ルームミラーで、後ろを見た。

nextpage

ええぇぇ~。

nextpage

車が無い、車を止めて肉眼で確認した。

nextpage

やはり無い 忽然と姿を消したのである。

nextpage

嘘だろう?今その車と離合し、ミラーで確認するまで数秒も経っていない。

nextpage

まるで、狐にだまされた感じ

nextpage

車を降り、その白の車が止まっていた所を見て回った しかし、何も無い。

nextpage

開いた口がふさがらないと言うのは、まさに、この事なんだ。と、言うより、おかげで車右側面キズ入りました。(メッチャむかつく)

nextpage

もし、その車と接触していれば、どうなってたんだろう?

nextpage

しばらくして、この事を、何人かの友人に話した。

nextpage

そのうちの一人がこう言った。

nextpage

何年か前に、その付近で、車内練炭自殺が有り、3人か4人死んでるとの事。

nextpage

そうか、その案件思い出したのだ。それは、夕方頃だったかなぁ いつも道理、地元の消防無線を、ワッチしていると急に騒がしくなってきた。

nextpage

第一報の遺体発見から、搬送に至るまで聞いていた事を。

nextpage

確か、私に記憶では、それは、赤い車だったと思うが?

nextpage

ん~よく分からん。

nextpage

それ以来、幾度となく、紅葉の写真を撮りにその場所付近に行くが、あの白い滋賀県ナンバーの幽霊車には、出会っていない。

nextpage

もし、今度遭遇すれば、写真はもちろん、何らかのアクションを起こすつもりです。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,0752
5
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

宇治川ラインは、色々と曰くが多いです。写真は....撮らない方が無難だと思われます....

写真やめた方が・・・(;´д`)