中編4
  • 表示切替
  • 使い方

災いは救う火の粉の中

music:4

人に愛されるのはステキな事ですよね?

もし、その愛が一途で真っ直ぐな想いなら尚更ステキな事ですよね?

私は、ある男性に捨てられました。

それも、酷い捨てられ方をしました。

彼は私に暴力を振るうの。

それでも私は、蹴られたり、殴られたりされても平気なの。

貴方の事が好きだから。

だって貴方は私に優しくしてくれたでしょ?

nextpage

「るっせぇー!!お前なか好きじゃねぇよ!!」

今日も私は、殴られる。

でも、心配ないの。

貴方の事をこんなに愛してるんだからーーーー

nextpage

wallpaper:95

この話は俺が22歳になる時の話だ。

人並みに恋愛もした。

付き合った人数も人並みにある。

でも、一年前から彼女がいない。

まぁ、彼女募集中てやつだ。

nextpage

今日もいつものように、日課のジョギングをしていた。

すると、大喧嘩しているカップルがいた。

「るっせぇー!!お前なか好きじゃねぇよ!!」

nextpage

男性は女性の頭を鷲掴みにし、地面に叩きつけた。

更に蹴るわ、殴るわ

見ていられなかった。

nextpage

いつもの俺なら、横目に通り過ぎていたところだが、これは余りにも酷い。

正義感何て無い俺だけど、勇気を振り絞り喧嘩の仲裁に入った。

nextpage

「ちょっとぉ、何があったか知らねぇっすけど、やりすぎじゃないですか。彼女が可哀想っすよ」

すると男性は、ホッとした顔をして、立ち去っていった。

nextpage

はぁ?なんだ??

頭を傾げ、俺は男が立ち去る後ろ姿を目で追っていた。

「ありがとうございました。助かりました。何かお礼をさせてください」

「いえ、大したことしてないんで」

!?

彼女の顔を見てギョッとした。

wallpaper:256

shake

殴られた顔が酷いとかじゃなくて、何ていうか気味が悪かった。

幽霊とかそういうんじゃ無いんだけど、何ていうか眼がヤバイんだよね。

普通じゃなかった。

俺はこれ以上、関わりたくなかったので立ち去ることにした。

nextpage

wallpaper:238

ー2日後

大学から帰える時いつもバスに乗るんだけど、乗ろうとしてたバスにあの女が乗ってたわけ。

関わりたくない俺は、慌ててバスから降りた。

(偶然、、、だよな、、、?)

バスを見送り、次のバスに乗って帰った。

バス停から自分ん家の途中にコンビニがある。そこで、お茶と弁当買って家路に着いた。

nextpage

弁当食って、風呂入って、洗濯物を洗うためコインランドリーに向かった。

wallpaper:221

洗濯物を洗ってる間にメールの確認をしていた。

すると、見たことないアドレスから一件のメールが届いていた。

「迷惑メールかな?」

とりあえず、メールを開いてみた。

nextpage

メールの内容を見て、絶句した。

【この間、助けていただいたものです。あの時は本当に助かりました。ありがとうございました。何かお礼がしたいと思っています。今度、お休みの日にでも、食事に行きませんか?隆さんはお休みの日はいつでしょうか?】

nextpage

「、、、何だよ、、、、これ!?」

え?

ええ!?

俺はパニックになった。

あの女にアドレス何て教えてねぇよ?

何で知ってんだよ!?俺のアドレス!?

てか、あいつ俺の名前も知ってやがった。何だよあいつ普通じゃねぇよ!!!

俺は直ぐにメールを消去して、アドレスの変更をした。

何だよあいつ!?

マジ気持ちわりぃ、、、

洗濯物をバッグに詰めて、部屋の前まできた。

shake

ピリリリリリッピリリリリリッ

突然、携帯がなった。

もう、心臓が止まるかと思った。

、、、良かった。大学の後輩の悟志からだった。

『センパーイ!!明日合コンあるんすけど来ます?突然向こうのメンバー1人増えちゃって、人数合わせに協力して下さいよ〜』

先輩の俺が人数合わせかよぉ。とは思ったが、正直コイツのおかげで、少し落ち着いた。

「わかった。俺も行くわ」

俺は行くことにした。

電話を切って、部屋の鍵を開けようとした時、また携帯がなった。

shake

ピリリリリリッピリリリリリッ

また後輩からと思い、画面を確認せずに電話に出た。

「もしもしー」

nextpage

『この間助けていただいたものです』

俺は背筋が凍った。

『お礼がしたくて、メールの返事がなかったので、隆さんに逢いに来ちゃいました』

、、、マジかよ

『ふふふっ後ろよ』

俺は、後ろを恐る恐る振り向いた。

wallpaper:532

music:3

そこには、あの女が立っていた。

こいつ、マジで何なんだよぉ、、、

俺は段々腹が立ってきた。

「お前何なんだよ!!気持ちわりぃんだよ!!わざわざ家まで来てんじゃねぇ!!キモいんだよ!!キモイ!!こうゆうのストーカーってゆうの!!わかる!?あん!?もう二度と顔見せんじゃねぇ!!わかったか!?」

すると、女は何も言わず立ち去って言った。

さすがに言い過ぎたかと思ったが、これ以上、付きまとわれたくなかったので、これで良かったと自分に言い聞かせた。

nextpage

wallpaper:137

music:4

ー次の日

俺はあの女から開放された事で今日は気分が良かった。

そして日が暮れ、合コンの待ち合わせ時間になった。

「センパーイ!!お・ま・た♡」

悟志は相変わらず、俺の事先輩だと思っていないようだ。

今日の俺は機嫌が良い。そんな事では怒らないさ。

そうこうしている内に、合コンの会場に着いた。

俺は自分の目を疑った。

何故ならそこに、あの女が居たからさだ。

music:7

女は俺の事を見て微笑む。

「お・ま・た」

もう俺は頭の中が真っ白になり、訳が分からなくなった。気が付いたらテーブルに馬乗りになり、あの女の頭を鷲掴みして、テーブルに思いっきり叩きつけた。

「うるぅぁぁあぁああぁあ!!!!!」

バンッ

本当に思いっきり、叩きつけてやった。

死んでないか少し心配になった。

何も知らない皆はマジで引いていたな。

すると、突然、悟志が

「先輩いきなりなんすか!マジおかしいんじゃないですか?辞めてくださいよ!!」

nextpage

ーー俺はホッとした。

そして、俺はこの場所から急いで立ち去った。

悟志は、立ち去る俺の後ろ姿を目で追っていた。

それ以降、あの女は俺の前には現れていない。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,5002
9
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

2回読んでホッとした意味がわかりました。

勘違いって怖いですね((゚□゚;))