中編2
  • 表示切替
  • 使い方

電柱の人影

何年か前の秋の夕方6時半頃だったと記憶するが

nextpage

仕事帰り車を運転中、道が混み出した、雨もぱらぱらと、降り始めた。

nextpage

夕方の国道24号線は渋滞するので、裏道に逃げて走行中、妙なものを見たのだ。

nextpage

その場所は、両側が田んぼの、まっすぐな直線道路

nextpage

この道は、事故多発地帯で知られている。ヘッドランプをハイビームにして走行していた。

前方の信号が、青から黄色に変わった

nextpage

俺は速度を落とした。

信号の手前左に田んぼ道から交差するT路地があり、その交差点の角に1本の電柱がある

nextpage

その電柱の下に2人の人影がしゃがんでいるのが見えた。

nextpage

1人は若い男、もう1人は、良く判らなかった、と、言うより、見えなかった。

nextpage

そのうちの1人が、うんこ座りしながら俺の方をにらんでいる様に見えた

nextpage

ハイビームがまぶしかったのか?そいつらを通りすぎ、前方の赤信号で停車した

nextpage

ルームミラーで、後ろを見た。まだ、俺の方を、にらんでいる。

nextpage

「何や、あいつ、雨降ってんのに傘もささんと」と、思っていると、信号が青に変わった

nextpage

アクセルを踏み、その交差点を通過すると同時に、「あれっ?変だなぁ 奴らは、俺のヘッドランプで見えたが、何で、後ろが見えるんだぁ?それもルームミラーで?電柱には街灯も無いし、その横は田んぼで、ほぼ真っ暗、見える訳がない」

nextpage

何か、納得いかない、このまま家に帰っても、心のわだかまりがとれないと、思い引き返して確認しようと車をターンさせた

nextpage

さっきの信号の所まで戻った、丁度青だったので、ヘッドランプをハイビームにして交差点を通過

nextpage

目的の電柱の所で徐行運転した

nextpage

すると、その電柱の下には、さっきの奴らの姿は無かった

nextpage

俺がこの場所を、通過して戻るまで2分もかかっていないし、何処行ったんだぁ?まして周りは田んぼだし、隠れる所なんか無い。

nextpage

ふと、その電柱の下、つまり、奴らがしゃがんでいた所を見た。

nextpage

「あっ、やっぱり」って感じ、そこには、枯れた花束が牛乳ビンにさされた状態で置かれてあった

nextpage

奴らは、この世の者じゃ無かったんだ、と、納得して帰路についた

nextpage

やはり、こういう時は、確認し納得しないと、いつまでも心のわだかまりがとれません。

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
87740
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

セニョールさんとは何処かですれ違っているかも知れませんねぇ

009さん そうですか たいした話じゃ無いんですが

リアルな話は、頭に浮かんで来るのか後からジワジワと来ます。

R24とか近鉄電車とか。
個人的に凄く親近感湧くんですが。
やっぱ、地元ネタは読んでいて嬉しくなってしまいます。