中編2
  • 表示切替
  • 使い方

揺れる顔

nextpage

車で、仕事帰り、京都は宇治田原町から宇治市へ抜ける山越えするルートで体験した話です。

nextpage

昨年のお盆前ぐらいだったと思うんですが。

nextpage

夜11時位でしたでしょうか、国道307号線より そのルートに入った

nextpage

長い登り坂を抜け、右手にくつわ池を通りすぎたあたりで

nextpage

「あぁ ここも心霊スポットだったなぁ」

nextpage

と 思い結構なスピードを出して走ってました

nextpage

前を走る車もいないし、後ろから追い上げて来る車も無い

nextpage

気持ちよく走っていた

nextpage

やがて、くねくねと道が曲がりながら下り坂になった

nextpage

少々スピードを、下げコーナーを曲がっていると 俺のやや左下に何かがちらっと見えた。

nextpage

何かがゆらゆらと、動いている感じというより上下左右に微妙に揺れている

nextpage

丁度助手席側のドアの下部に

nextpage

気になったもんですから ちらっと見た

nextpage

運転中なもんで 前を見ては又 助手席の足元を繰り返し見た

nextpage

何だろうと思い、車のスピードを、下げ始めた

nextpage

俺がそれに気づいて徐行速度になるまで約10秒位だったかなぁ

nextpage

ほんとは、もっと前から奴は、そこにいてたのかもしれない

nextpage

うまく説明出来ないが、その足元のドア側面に薄い白色A4サイズ位のモノクロの液晶モニターの様なものが、じわ~って現れてきた感じ

nextpage

運転しながら何回もチラ見していると

nextpage

そのモニターの様なものの中に人の顔らしきものを確認

nextpage

なにぃ!と思い 車の運転はしなあかんわ、その顔も見なあかんわ、な状態

nextpage

特に恐怖感はなかったが、問題はその顔なんです

nextpage

よく、幽霊や、妖怪が描かれた掛け軸があると思うんですが

nextpage

何と言いましょうか、メッチャ不細工な顔だったんです。

nextpage

その顔を、ちらっと見て 何ちゅう顔しとるんや、ブッサイク!

nextpage

そう思って鼻で笑った時 スゥーっと消えましたねぇ

確かにその区間は良く事故がある現場付近!

nextpage

その、幽霊もしくは妖怪らしき者 俺に挑戦してきたのだろうか

nextpage

しかし、そうはいかなかった では無いだろうかと、勝手に思っています。

nextpage

それ以来、幾度となくその道走ってますが、変なものに出くわす事はありません。

nextpage

いったい あれは何んだったんでしょうねぇ?

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
86740
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

誤字ご指摘ありがとうございました!

すみません、地元近辺の話なんで揚げ足とりました。

宇治田町→宇治田原町

しなあかんは→しなあかんわ

似たような道、近所にあるのであまり周りを見ないようにして走ります!笑