短編1
  • 表示切替
  • 使い方

割れた鏡

初めまして!

皆様宜しくお願いします。

アンティークショップで

お洒落な造りの鏡を

見つけたのです。

思わず衝動買いしてしまいました。

早速部屋に返り、鏡を取り出し綺麗に磨いていたのですが、何か違和感が・・・普通、鏡って冷たいじゃないですか?冷たくないんです。人肌っていうか。

まあ、その時はさほど気にも止めず寝室に置いといたのです。

その夜・・・・

余りの苦しさに目が醒めました。誰かが胸を抑えつける様な、とにかく息をするのがやっとみたいな。

やっとの思いで起き上がり電気スタンドを点けたんです・・鏡が曇っている。

まるで今ハァーと息をかけたように。

私は鏡を手に取りました。暖かい・・・・

薄気味悪い・・・・

取りあえず曇りを手で

拭きました。

「キャー」思わず声をあげてしまい、鏡を放り投げてしまったんです。

鏡の中に鋭く目の吊り上がった老婆が睨みつけていたんです!

放り投げた鏡はベットの角に当たりガシャーン!!と割れ、その時「ギィヤァーーー」と、この世の者とは思えない悲鳴をあげたのです。

次の日に割れた鏡を全てお寺に持って行き、丁重に

処分して頂きました。

怖い話投稿:ホラーテラー 亜沙美さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
16800
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ