短編1
  • 表示切替
  • 使い方

受験生の苦悩

今日は入試5日前だ

ふと昼のことを思い出す

ほんとおれはばかだ

それは何日か前

ベランダで休んでいると前のマンションのベランダに綺麗なお姉さんが…

こっちをみている

わらっている

あんな人と仲良くなれたらなぁ…

なんか寂しくなったのでへやにはいる

次の日もベランダにでる

出なければストレスがたまる

あぁーっ

またいるじゃないかぁ

またわらっている

はぁ…

あの人にあいたい

とうとう運命の日がやって来た

今日僕は決心した

またあのひとをみたからだ

玄関まできた

しかし準備はしてておいたよ…

もしものためにね

さぁ…がちゃ...

玄関のある部屋までついた

ぎゃ~~(男性の声)

悲鳴

ぴ~ぽ~ぴ~ぽ~

さぁこれがわかったひとは

ほんとの恐怖を味わうでしょう

準備したもの…それはもちろん通報さ

だって自殺だとおもうだろ

悲鳴をあげたのはもちろん彼女

いや彼だ

男の声だった彼女に悲鳴

警察よぶわよ

といわれたが

よばなくていいと

警察がきて彼女(彼)は安心したのか女の声で変質者がと…

そのせいで1日つぶれたぁ

人間ってこわいなぁ

怖い話投稿:ホラーテラー 匿名さん  

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
17100
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ