短編2
  • 表示切替
  • 使い方

過去と未来

怖いと言えば怖いですが

今回はオレの身に起こったミステリアスな実話です。

まだオレが幼稚園児の時の話です

その日の夜夢を見ました

外で車のおもちゃに乗り

遊んでる夢です

そして次の日の昼外で車のおもちゃに乗り

遊んでる途中

あれ?と思いました

そうです夢と同じ場面=正夢です

そこまでは正常?なんですが

あれ?って思った瞬間

目の前に夢とか色々な記憶が映像のように

早送りで流れていきなり

目の前がテレビの砂嵐のように

数秒間見えなくなりました

そして砂嵐も落ち着き

気にもせず遊んで1日は終わりました

幼稚園児の話はここまでなんですが。

まだ続きがあります

オレが16〜17?歳

くらいの話です

ある日、夢?か分かりませんが

脳に叩き込まれるように

奇妙な映像?が目の前に映されました

簡単に説明すれば16歳くらいのオレが幼稚園児の時のオレを観ていると言う映像です

何故奇妙かと言うと

16歳くらいのオレは空中に浮いててかなり高い所から

幼稚園児のオレを見下ろしてて

ちょうどオレが見下ろしてる時

小さいオレは車のおもちゃに乗っていて

止まってます

一瞬の映像でした。

オレは思いました

あの一瞬の時間は

幼稚園児のオレが砂嵐の映像をみている時間で

オレが未来から来たから

目の前が砂嵐になって居たのだと…

今でも不思議だと思います。

過去に行く=死ぬ

って事を聞いたことあるんですが

本当に過去に行ってたなら

オレは長生き出来ないのかなとか

思ったりします。

こういう奇妙な事に

詳しい方など居たら

良かったら教えて下さい。

Normal
閲覧数コメント怖い
58000
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ