盗聴調査ファイルNO331より。

長編6
  • 表示切替
  • 使い方

盗聴調査ファイルNO331より。

とある一軒家であった事です。

nextpage

大学を卒業後 京都での就職が決まってある一軒家を借りられた女性からのご依頼

nextpage

その方がおっしゃるには、「この家何か変なんです 私の留守中誰かが入っている様で

nextpage

夜家に帰って来ると 机の上の物の位置が違ったり、朝出た時と何か雰囲気が違うんですよ

nextpage

ひょっとして 誰かに盗聴器が仕掛けられているかも」

nextpage

ていう依頼内容だった

nextpage

調査当日 アルバイトのN君2人で依頼主宅に向かった ついたのは夕方6時位、

京都の町並みは 道幅が無く路上駐車は困難の為、近くのコンビニに車を止め 

nextpage

そこで その女性と落ち合った

nextpage

そこから歩くこと2~3分その方の案内で家に着いく

nextpage

いかにも京都の町屋って感じの家だった

nextpage

中に入りすぐに機材を取り出し調査開始する

nextpage

別に怪しい電波が出ている事も無く又 盗聴器が仕掛けられていた形跡も無かった

nextpage

私は 彼女に「この家結構古いですからネズミがいたずらしてるんじゃ無いですか

nextpage

ここに暗視カメラが有るんでこの部屋の様子を1時間程撮りましょう もしネズミならその進入経路が判りますから」と提案した

nextpage

じゃぁやりましょう という事でカメラをセットした

nextpage

内心 1時間で何がカメラに写るもんかと思っていたが 彼女を安心させる1つの手立てだ

nextpage

この家は縦長で 6畳の畳の部屋と真ん中が6畳程の板の間そして6畳の畳部と3つになっていた

nextpage

この3つの部屋が全部写る様カメラを調整 そして 依頼主である彼女とN君3人で近くのファミレスで時間をつぶす事にした

nextpage

3人 かなり話が盛り上がり 1時間があっという間に過ぎた

nextpage

部屋に戻りN君はビデオの確認 私はその他 怪しい所が無いか再度部屋を見て回った

nextpage

その時 N君が私を呼んだ

nextpage

「ちょっとこれ見て下さい」と「ここなんですけど」と言いテープえを巻き戻した

nextpage

N君が言った「ここです」とカメラの液晶画面を指さした

nextpage

そこには パチンコ玉位の大きさの白いオーブが写っていた

nextpage

アングルから見て どうも真ん中の板の間 カメラの右端に忽然と現れゆっくりと水平に飛びその部屋の中央付近で消える

nextpage

それと同一のものが数分後にも記録されていた

nextpage

この事彼女に言っちゃいけないよ とN君に言い その板の間を確認した

nextpage

そこはカーペットが敷かれていて気が付かなかったが

nextpage

床下に収納ボックスがあったのだ

nextpage

彼女に尋ねた「ここ開けていいですか」と

nextpage

彼女曰く引っ越して来て間が無い為 まだ開けた事無いとの事

nextpage

私は彼女に確認をとりその床下収納の蓋を開ける事にした

nextpage

彼女とN君も注目した「ぎいぎいぎぃ~」と音共に蓋を開けた

nextpage

もう何年も開けて無いのだろう 中からかび臭いにおいがプウ~ンとした

nextpage

中にはボロボロの電気毛布がありその下には何かみかん箱の様なふくらみがある

 何かある様だ

nextpage

私はその毛布をゆっくりめくりあげた 「何やこれぇ!」と 驚いた

nextpage

そこには そのみかん箱位の大きさのボロボロのお仏壇があった

nextpage

湿気のせいか仏壇の枠は腐っていてかなり古い感じ 実に気持ち悪い状態

nextpag

私はこの家を紹介した不動産屋に 床下からこんなもん出てきた 気持ち悪くて住んでられないとクレームつけなさいと彼女に言った

nextpage

彼女もそのはず 携帯で友達に連絡して今晩泊めてぇ 迎えに来てぇ!などと話ししている様子

nextpage

まさにカメラに写ったオーブの正体はこれか!

nextpage

取り合えずこの状況の証拠写真を撮る為 車にカメラを取りに行った

nextpage

そして カメラ片手にその家の玄関付近まで戻って来た時である

nextpage

「うわぁ~ぁ~ぁ~はぁ~ぁ~ぁ~」という 何とも情けない様な腰が抜けたN君の叫び声が聞こえた

いったいどうしたんだぁ と思い 玄関を開けた

nextpage

すると 玄関の隅に彼女がしゃがんで顔を手で覆い泣いている

nextpage

部屋の中にはN君が 板の間で押し入れの襖に背中を付け尻もちを付く形になり顔は上を向き口をポカァ~ンと開けた状態

nextpage

そして驚いた事に彼は失禁状態だった

nextpage

「おい!どないしてん!何があったんやぁ!」とN君の肩を揺すぶった

nextpage

彼は無言のまま床下の仏壇を指さした

nextpage

何と 仏壇の扉が開いている 中にはボロボロになった位牌がまるで

nextpage

積み木の様に重なり合っていた

nextpage

彼に問いただした「誰がこの仏壇の扉開いたんやぁ!お前か?彼女か?どうなんや!」と

nextpage

かなり大きな声で怒鳴った

nextpage

N君は自分が開けたと言わんばかりにうなづいた

nextpage

「何勝手な事してんね!こんなん俺らの仕事ちゃうやろ!」怒鳴った瞬間だった

nextpage

部屋の蛍光灯が豆球に変わった

nextpage

ええ?

nextpage

こんなもんは 紐でカチャッ カチャッと引っ張らないとスイッチが切り替わる事は無い

nextpage

一瞬で薄暗くなった部屋

nextpage

その時 私の右目の端に何かもやもやした物が写り込んだ

nextpage

気になってその場所に目をやった

nextpage

するとその床下の仏壇あたりから薄く白い半透明の手が何本も伸びているのが見えた

nextpage

その手は垂直に天井に向かって延び始めていた

nextpage

私は今ここに居ると非常にヤバイと思い N君の手をつかみ それと同時に玄関で泣いている彼女の手を引っ張りながら素早くこの家から出たのだ

nextpage

取り合えず車を止めているコンビニのところまで二人の手えを引っ張って走った

nextpage

何とかこの二人を落ち着かせ様と必死だった

nextpage

彼女のほうは先程とは打って変わって別人の様な顔つきになっている

nextpage

まるで魂が抜けた様な

nextpage

N君は自分が失禁した事を自覚したのか私に「コンビニでパンツ買って下さい」と 一言

nextpage

「俺がカメラ取りに行ってる間にいったい何があったんやぁ!」とN君に問いただした

nextpage

すると半べそかきながらN君が話し始めた

nextpage

「渋谷さんが出て行ってからしばらくその仏壇を眺めてたら 何となく扉を開けなあかん様な気がして

nextpage

それで仏壇の扉を開けたんです

nextpage

そしたら そしたら・・・その開けた瞬間中から・・・・」

nextpage

「中からどないしてん!」と彼の頭をひっぱたいた

nextpage

しばらくして話しを続けた

nextpage

開けた瞬間中から顔半分骸骨のお爺さんが「出たいぃぃ~」と叫びながら出てきて僕の頭の上をかすめて飛んで行った」

nextpage

そのままN君は口を閉ざした

nextpage

私は思った 人間MAX恐怖を体験すると小便漏らすもんだと

nextpage

それと同時にその仏壇から幽霊が飛び出す光景を彼女も見ていたのだと

nextpage

さすがに怖かったのだろう まだ ぼーっとしてしゃがんでいる

nextpage

しばらくして この事件が起こる前に彼女が電話連絡していた友達が迎えに来た

nextpage

その彼女の女友達に今あった事の状況説明し迎えの車まで彼女の手を握り送った

nextpage

別れ際彼女に「家は私が施錠し鍵はポストに入れておきますから」そう言うと

nextpage

「何がぁ 何! 知らん 何!」と意味不明の言葉

nextpage

しかもその声 低い男の声で まるで別人

nextpage

そのまま車に乗り込み夜の町並みに消えて行った

nextpage

私はN君を励ましながら家まで送り届けた

nextpage

次の日気になるもんですからN君に電話した

nextpage

彼 電話に出ないんですよ

nextpage

次の日も その次の日も 電話がつながらないんです

nextpage

事件の日より4日目だったでしょうか

nextpage

朝 事務所のチャイムが鳴った 

nextpage

「ピンポ~ン!」 カメラで確認するとN君だった

nextpage

ドアを開けでビックリした 

nextpage

髪の毛ぼさぼさの汚らしい格好をしたN君がぼーっと立って居る

nextpage

「お前どないしてん あれから電話してもつながらへんし 心配しとったんや」

nextpage

彼を中に入れコーヒーを出した

nextpage

「それにしても 何ちゅう格好してんね で 何やその頭 髪の毛終わってるやんかぁ」

nextpage

そう言うとN君があれからどうしていたかを語り始めた

nextpage

「渋谷さん ヤバイです 俺 寝れないんです どうもあの爺の幽霊に取り憑かれたみたいで

nextpage

眠たくて うとうとして眠りにつこうとすると あの仏壇から飛び出して来て 出たいぃ~

nextpage

の声が耳元で聞こえて眠れないんです」

nextpage

彼自身説破詰まった状態だった

nextpage

かなりショックだったのに違いない あんなもの見たんだから

nextpage

「まぁ 取り合えず病院行って睡眠薬でも処方してもらえや」

nextpage

そう言い彼を駅まで送った

nextpage

結局 彼入院しちゃいました

nextpage

入院中も病状は改善されず 相変わらず うとうとすると「出たいぃ~」が聞こえて

nextpage

そして 気が狂ったN君 病室の窓から飛び降り自殺をしたんですが、3階という中途半端な高さから落ちたもんですから足を粉砕骨折し 一生歩けない体になっちゃいました

nextpage

私 思うんですが あの時 「出たいぃぃぃ~」といって出てきた爺の幽霊 N君が「俺の頭の上を掠めて行った」と言っていたが 実はその爺 頭の中に入り込んだんじゃないかと

nextpage

非常に気持ちの悪い体験でしたねぇ

Concrete 59189e6fb4d79119a63e92183ffb92aeb8f46031afd97d5db060811ce15c35e6
閲覧数コメント怖い
1,3944
6
  • コメント
  • 作者の作品
  • タグ

ローザさん この爺のお化けはN君に憑依 依頼主の女性には他の霊が憑依したかも 
 この女性その後連絡とれず 又 今回の費用回収出来ずでした!

欲求不満さん 京都は妙な事が沢山ありますです!

こわいぃ〜‼︎

京都は怖い事が沢山ありそうですね…

…ヤダ(´・ω・`)
頭の中は居心地いいのかしら?いや、そこからも出たい〜のかな。